家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

7760 view

熱ムラも焦げ付きも解消! ステンレス鍋の上手な使い方とは?

丈夫で長持ち、うまく使えば一生使えると言われるステンレス鍋。でも、熱ムラが起こりやすく、焦がしてしまった・・・なんて経験がある方も多いのでは? ここでは、ステンレス鍋の使い方のコツをご紹介します。

【ステンレス鍋の使い方】特徴と使い方のコツとは?

テンレス鍋を冷蔵庫に入れる
TOKYOGAS

安価なものは熱伝導率が低いですが、鉄やアルミとの多層構造の高価なものは熱伝導率が高くなり、耐久性もよくなるので鍋ごとストックすることができます。

中火
TOKYOGAS
弱火
TOKYOGAS

ステンレス鍋は、他の金属との組み合わせで熱効率を高めてあるので、加熱は中火以下で行います。また、急激な温度変化も避けます。

【ステンレス鍋の使い方】使用後のお手入れ

ステンレス鍋
TOKYOGAS

使った鍋は温かいうちに、台所用中性洗剤とスポンジで洗います。汚れのひどい時は、粒子の細かいクリームクレンザーを使用して、目に沿ってこすり落とします。

鍋の外側をミラー加工してあるもので、光沢がなくなってしまった時は、柔らかい布に専用の金属磨き剤をつけて磨く方法もあります。いずれも、洗い終わったらよく水気を拭き取ることが大切です。

おわりに

ステンレス鍋はアルミや銅、鉄にくらべ熱伝導率が低く熱ムラが起こりがちで、煮崩れやこげつきの原因になります。これらを起こりにくくするために、他の金属をはさみ込んだり、はりあわせた多重、多層構造にしたものを選びます。しかし層が厚くなるほど鍋が重くなるので、持ってみて扱いやすいものを選びましょう。

出典 : 東京ガス「食」情報センター企画「料理道具100%活用百科」

2017年04月10日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153610view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149428view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118683view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203332view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77193view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード