家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

7142 view

熱ムラも焦げ付きも解消! ステンレス鍋の上手な使い方とは?

丈夫で長持ち、うまく使えば一生使えると言われるステンレス鍋。でも、熱ムラが起こりやすく、焦がしてしまった・・・なんて経験がある方も多いのでは? ここでは、ステンレス鍋の使い方のコツをご紹介します。

【ステンレス鍋の使い方】特徴と使い方のコツとは?

テンレス鍋を冷蔵庫に入れる
TOKYOGAS
安価なものは熱伝導率が低いですが、鉄やアルミとの多層構造の高価なものは熱伝導率が高くなり、耐久性もよくなるので鍋ごとストックすることができます。
中火
TOKYOGAS
弱火
TOKYOGAS
ステンレス鍋は、他の金属との組み合わせで熱効率を高めてあるので、加熱は中火以下で行います。また、急激な温度変化も避けます。

【ステンレス鍋の使い方】使用後のお手入れ

ステンレス鍋
TOKYOGAS
使った鍋は温かいうちに、台所用中性洗剤とスポンジで洗います。汚れのひどい時は、粒子の細かいクリームクレンザーを使用して、目に沿ってこすり落とします。

鍋の外側をミラー加工してあるもので、光沢がなくなってしまった時は、柔らかい布に専用の金属磨き剤をつけて磨く方法もあります。いずれも、洗い終わったらよく水気を拭き取ることが大切です。

おわりに

ステンレス鍋はアルミや銅、鉄にくらべ熱伝導率が低く熱ムラが起こりがちで、煮崩れやこげつきの原因になります。これらを起こりにくくするために、他の金属をはさみ込んだり、はりあわせた多重、多層構造にしたものを選びます。しかし層が厚くなるほど鍋が重くなるので、持ってみて扱いやすいものを選びましょう。

出典 : 東京ガス「食」情報センター企画「料理道具100%活用百科」

2017年04月10日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

661312view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

81967view
3

食パンは冷凍保存がベスト! 正しい食パンの保存方法&美味しく焼くコツ

917388view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

963776view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

198580view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード