家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

2019 view

旬のお野菜をより美味しく!「土鍋で新にんじんと桜海老の炊きこみごはん」レシピ/MOMOE

春が旬の野菜「新にんじん」。新にんじんは秋に種を蒔き、冬を越え、春に収穫するにんじんのことです。厳しい寒さの中を成長してきているため一般のにんじんに比べ、より甘く柔らかいのが特徴です。 有機栽培・自然栽培のお野菜やお米を使ったケータリングで女性を中心に大人気の【MOMOE】稲垣晴代さんに「土鍋で作る新にんじんと桜海老の炊きこみごはん」のレシピをご紹介いただきます。

春が旬の「新にんじん」

春が旬の「新にんじん」。

新にんじんは秋に種を蒔き、冬を越え、春に収穫するにんじんのことです。厳しい寒さの中を成長してきているため一般のにんじんに比べ、より甘く柔らかいのが最大の特徴です。別名「春にんじん」とも呼ばれます。

にんじんのオレンジ色はβカロチンによるもので、体内でビタミンAに変わり、気管や胃腸の粘膜を保護してくれるので、癌の予防にも効果的。そしてカルシウムやカリウムなどのミネラル、ペクチン、食物繊維も豊富なので美肌効果もあります。

その新にんじんを、桜海老と一緒に炊きこみごはんにしましょう。
今回は土鍋で。炊飯器で炊くより早いし、おこげが出来て美味しいですよ。

色鮮やかな春の炊きこみご飯

■材料

新にんじん・・・2本
桜海老・・・大さじ2
米・・・4合
水・・・3.5~4合(新にんじんのしぼり汁の量により調節してください)
酒・・・50cc
塩・・・大さじ1/2

■作り方

1. にんじんをすりおろし、汁をしぼってわけておく。
2. お米を研ぎ、鍋にいれて水・酒・新にんじんのしぼり汁・塩を加え混ぜる。
(水・酒・しぼり汁の合わせた量がお米の1.1倍になるように、水の分量を調節してください。)
3. 新にんじんのすりおろしと桜海老をのせ、蓋をして強火にかける。
4. 沸いたらごく弱火にし、15分経ったら火を止めて15分蒸らす。

春らしいグリーンをごはんに混ぜて

新しい若葉が生えてくるこの季節、新緑のお野菜をごはんに混ぜましょう。
今回は、春きゃべつ・アスパラガス・空豆・グリンピースを用意しました。

春きゃべつは大きい葉を1.5枚(小さい葉なら3枚)塩茹でします。
アスパラガスは斜めに乱切り、空豆は鞘からむいて、ごま油を3滴ほど加えた塩水で茹でます。
グリンピースは鞘からむいて塩茹でします。
先ほどの新にんじんの炊きこみごはんに空豆・アスパラガス・グリンピースを混ぜておむすびを握ります。また、丸く握ったおむすびを春きゃべつで巻いてもいいですね。
それらを籠に並べて出来上がり。

さまざまなシーンに美しい炊きこみごはんを

炊きこみごはんにすれば、おかずがなくてもいろんな味が楽しめます。
ピクニックにも、お持たせにも喜ばれると思いますので、みなさんぜひ作ってみてください。

プロフィール

MOMOE・稲垣晴代(いながき はるよ)

からだも“おいしい”ごはん、つくります。
料理研究とケータリング・みんなのごはん。
味・色・香りを楽しんでもらえるよう、みなさんの笑顔を
想いうかべて愛情こめてお作りします。
食習慣やテーマに沿って、提案させていただきます。

ホームページ:MOMOE「からだも“おいしい”ごはん、つくります」

あわせて読みたい

旬のお野菜をより美味しく!春の「新玉葱とイチゴのピクルス&ウドと桜のピクルス」/MOMOE

2018年03月14日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

1118353view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

118648view
3

【快眠のプロ直伝】エアコンは夜間付けっぱなしが正解!? 夏の正しい使い方

465275view
4

ちゃんと知りたい【ステンレス製の水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

566688view
5

「エアコンの臭いが気になる! 」フィルター掃除で十分!? 効果的なお手入れとは?

73320view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード