家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

3626 view

本当のところ、老後資金はいったいいくら必要なのでしょうか。

老後、安定して生活を送るためには1億円の貯金が必要だとよく言われます。 1億と言う大金が必要と聞いて愕然とする方が多いでしょうが、 果たして本当に、老後普通に生きていくだけで1億もの大金が必要なのでしょうか。 その辺のことについて説明させて頂きます。

老後の平均的な生活費について

いったいどれだけの資金があれば
老後平和に生きていくことが出来るのか、
それを知るためには、まず老後にかかる生活費について知る必要があります。
ちなみに、夫婦ふたりで子供と同居していない場合、
1月におおよそ25万ほどの生活費がかかります。
なので年間だと300万ほどの生活費がかかることになります。
人が生活にかけるお金はピンキリですので、実際にはこれよりお金がかかる場合も、
かからない場合もありますが、この年間300万が老後の生活費のひとつの目安になります。

老後の平均的な収入について

老後にもらえる収入といえば、年金です。
この年金ももらえる額は人によって違いますが、
夫婦ふたりで生活している場合、だいたい月15万円から25万ほどもらう事が出来ます。
年金を仮に月20万円もらえるとするなら、年間で240万円もらう事が出来ます。
年間必要な生活費が300万とするなら、毎年60万円貯蓄を崩して穴埋めする必要があります。
その穴埋め費用を30年分計算しても必要なのは1800万円で済みます。
実際に老後必要になる資金は、この計算通りにはいきませんが、
それでも1億円という金額は過大であることがわかります。

老後資金はいったいいつから貯めればいいのか。

人によって違いますが、老後資金が2000万から3000万あれば それなりにやっていくことが可能です。 ではその老後資金、いったいいつから貯めておいた方がいいのでしょうか。 これは、早ければ早いほどいいです。 20代から老後資金を貯めていくのが一番理想的です。 何故なら、早くお金を貯めれば貯めるほど、 毎月の貯蓄費用が少なくて済むからです。 40代や50代になって、毎月4万5万貯めるのは大変なので、 若いうちから老後資金を貯めるにこしたことはありません。

今の内に備えれば、老後を恐れる事はありません。

老後にかかる平均的な生活費は年に300万ほど、
老後にもらえる平均的な年金額は年に240万ほどです。
なので、この差額をあらかじめ貯めておく必要があります。
若いうちから余裕を持って、老後資金を貯めておきましょう。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153903view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

151877view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118819view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203491view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77356view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード