家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

6170 view

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

節約って考えるとちょっと憂鬱な気分になる方も多いのではないでしょうか。今回はそんなアナタにオススメの、毎日のお風呂を快適にしながら、節約もできてしまう面白グッズをご紹介しちゃいます!

1.シャワーヘッドで節水

619ytor4gjl. sl1500 出典:https://www.amazon.co.jp
シャワーヘッドを節水タイプのものに換えるだけで、水道代が約半分になることも。節水タイプだからといって水の勢いは変わらないどころか、勢いが増し、“マッサージ効果”があるものまであります。水の出る穴を小さくしたり、水圧を上げることで、少ない水で汚れを落とす工夫がされているものが多いです。

さらに、オススメは、手元のスイッチ付です。シャワーの「出す/止める」の切り替えを手元のスイッチでできる省エネタイプのシャワーヘッドを使用すると、シャワーの使用時間が短くなり、水もガスも省エネにつながります。

2.LEDライトで節電リラックスタイム

Ht hb 2483 2484 05 出典:https://www.rakuten.co.jp/
お風呂に入れると点灯するLEDライト。長時間お風呂に入る人の場合、お風呂自体の電気を消せば節電になり、キャンドルのような優しい光が幻想的でリラックス効果も期待できますよ!

3.アルミ保温シートをかぶせるだけ!

51ko7%2bdepfl 出典:https://www.amazon.co.jp
アルミの熱反射と発泡ポリエチレンの保温力で、お湯が冷めにくくなります。これ1枚で節約できるなんてすごくラクですよね。

4.入れるだけでお湯の汚れをキレイに?

71h%2buhppsml. sl1294 出典:https://www.amazon.co.jp
最近ではお風呂に浮かべておくだけで、お湯を除菌したり、皮脂を吸い取ったりして、お風呂の気になるヌメリやニオイを防いでくれるものがあります。

お風呂をためるのを2日に1回にするだけで、年間24,000リットルもの水を節約できるそうですよ。

5.洗剤不要クリーナー

31suksef9ll 出典:https://www.amazon.co.jp
これ1本でお風呂を楽々お掃除できる、柄が付いたタイプのブラシです。素材が工夫されていて、水だけでカビや湯アカを落とし、洗剤を使わなくてもお掃除ができるという優れもの。洗剤いらずでエコですね。

おわりに

いかがでしたか? 節約だからといって、窮屈な気持ちになるのではなく、楽しみながらリラックスしてお風呂の節約を楽しめると良いかもしれませんね!

節約につながるかも? ご自宅の電気、見直してみませんか?

denki
2016年4月から、電力小売全面自由化が始まっているのをご存知ですか?
電力会社を見直すだけで、簡単に節約になるかも!
東京ガスの電気

まだ電気を切り替えていない方は、ぜひ多くの人に選ばれている「東京ガスの電気」に!

毎月のガスや電気料金のお支払いに応じてたまる「パッチョポイント」や「充実のサービス」もついてきます。適用条件や詳細はこちら

パッチョポイント

東京ガスの「電気」を選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください。

お申し込みも簡単♪Webで24時間受け付けています。

東京ガスの料金シミュレーション

2016年04月11日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【原料は一緒!?】意外に知らない! チョコレートとココアの違いとは?

81707view
2

【サクサク復活?!】天ぷらの「オススメ温め直し方」4つ

177724view
3

【缶のまま保存はNG? 】開けた缶詰の保存どうしてる? ちゃんと知りたい缶詰のこと

83486view
4

意外に知らない!?「コンビーフ」ってどう作られているの? 独特な缶詰の形に意味はある?

63554view
5

【ゴシゴシこするのはNG!? 】土鍋のお手入れ方法をしっかり知って長く使おう

25570view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード