家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

7544 view

【電子レンジ使用時や保存時の注意点】プラスチック食器の特徴・使い方の注意点とは?

プラスチックの食器や容器は種類が多く、用途によって使い分けられています。熱、油、酸などへの耐性はそれぞれ異なりますが、一般的には取扱いが簡単です。ただし、「電子レンジ使用OKのプラスチック食器でも、使用時に注意が必要」など注意点もあります。特徴や注意点、お手入れの方法をご紹介します。

プラスチック食器の種類と特徴とは? 耐熱温度と主な用途

主なプラスチックの特性と用途
日本プラスチック工業連盟「主なプラスチックの特性と用途」より抜粋作成

電子レンジでの使用はOK? 刻印とラベルをチェック!

プラスチック製品は家庭用品品質表示法によって、原料樹脂名、耐熱温度などの表示の定められた項目があり、大抵のものは刻印やラベルが貼ってあります。電子レンジに使用できるかどうかは、刻印やラベルで確認してください。

ご注意ください!

「蓋」と「容器」の耐熱温度が違うことがあるので注意しましょう。

プラスチック食器を安全に使うために! マークの見方を紹介!

プラスチックのマーク
TOKYOGAS
わが国では食品衛生法によって食器用プラスチック器具や容器包装品の品質が厳しく規制されています。

さらにプラスチックの安全性を高めるために業界ではプラスチックの種類別に衛生協議会を作り、安全性確保のための自主規制規準をつくっています。

その規準に適合した製品にはマークを表示していますので、安全なプラスチックを選ぶ時の目安にするとよいでしょう。

プラスチック食器の使用上の注意点とは?

電子レンジ
PIXTA
・プラスチックは熱にあまり強くないので、熱湯を直接かけないようにするほか、直火はもちろん、オーブンにも使用できません。

・直射日光に長時間あてると、退色することがあります。

・食器洗浄機の庫内は使用中温度が高くなりますので、耐熱温度の低いプラスチック(約90℃以下)は使用を避けたほうがよいでしょう。

・電子レンジに使用できる容器でも、容器内の食品自体が加熱されてその熱が容器に伝わるため容器が変質することがあります。短時間で使用するのが望ましく、特に食品中に油や砂糖の入ったものは高温になりますので注意しましょう。
油
PIXTA
・スチロール樹脂は鉱物油、植物油に弱い性質があり、レモンなどの柑橘類の皮に含まれるテルペン油に侵されるといわれています。また、バターや植物油などを長時間入れておくと、ひび割れが生じることがあります。

・スチロール樹脂やメタクリル樹脂(しょう油差しなどに使われている)の容器にアルコール類を保存すると、味に変化をきたします。

落ちにくい汚れは歯ブラシで! プラスチック食器の使用後のお手入れ

スポンジ
PIXTA
・柔らかいスポンジを使い、台所用中性洗剤で洗います。

・タワシやスチールウール、クレンザーは傷つきやすいので避けます(食器用のクリームクレンザーなら大丈夫です)。

・弁当箱や容器の蓋の溝は洗いにくいので、歯ブラシや溝専用ブラシで洗いましょう。

・洗ってもとれない臭いは漂白剤につけるとよいでしょう。

・水気をふいて乾かしてからしまいます。

おわりに

割れにくくて便利なプラスチック食器。使用上の注意点も理解して、安全に長く使いたいですね。

参考:日本プラスチック工業連盟
出典:東京ガス「食」情報センター企画「料理道具100%活用百科」

2018年03月19日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【快眠のプロ直伝】エアコンは夜間つけっぱなしが正解!? 夏の正しい使い方

905965view
2

水垢でお風呂の蛇口や鏡がザラザラ・・・簡単に落とす掃除法とは?

715583view
3

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

723794view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

185571view
5

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

1051144view

おすすめ記事

子どもだけの留守番どうする? 備えておきたい防犯対策とは?

【体験レポ】読み聞かせアプリ「みいみ」を使ってみたらスゴかった!!

部屋干しのデメリット知っていますか? 部屋干しのエアコンのドライ機能活用術

水垢でお風呂の蛇口や鏡がザラザラ・・・簡単に落とす掃除法とは?

【東京ガス公式】今年の自由研究はこれで決まり! 小学生におすすめテーマ6選

おすすめキーワード