更新日: 2018年03月07日
21245 view

【乾燥機VS除湿機】梅雨時期、洗濯物を乾かすのに活躍するのはどっち?

梅雨時の洗濯物を乾かすのに重宝するのが乾燥機や除湿機ですね。そこで今回は、洗濯物を乾かす際に、乾燥機を使う場合と除湿機を使う場合、それぞれのメリットやデメリットなど、ぜひ押さえておきたいポイントについてご紹介したいと思います。

梅雨時の洗濯物、室内干しの注意点

Retina pixta 22637229 s
PIXTA
梅雨時期の室内干しは、なかなか乾いてくれないだけではなく、嫌な臭いも発しています。
湿った状態が長ければ長いほど雑菌が繁殖して、ニオイの原因になります。
洗濯物が濡れた状態で、湿気も多く部屋が閉め切られていると、雑菌にとっては最高の状態です。
なので、少しでも速く乾かすことが重要です!

実際に、どういった弊害があるのか確認しておきましょう。
Retina pixta 2538487 s
PIXTA
1回の洗濯物でどの程度水分が発生するのかご存知ですか?
例えば5kgの洗濯物を洗い、脱水して干すと、なんと「約3リットル」もの水分が水蒸気となって放出されています。
Retina
ダニもカビも高温多湿の室内環境で繁殖が促されますが、洗濯物を干している部屋と干さない部屋のダニの数を調べたところ、室内干しをしている部屋は干さない部屋の「2倍以上」のダニが発生することがわかりました。

室内干しをどうしてもしなくてはならない場合は、十分な換気・除湿をしないと、その水分が部屋の中にこもってしまいますので気を付ける必要があります。

除湿機の種類とその特徴は?

Retina pixta 13612781 s
PIXTA
除湿機は、主にゼオライト式とコンプレッサー式の2タイプです。

1.ゼオライト式

気温の高低に関係なく、一年を通して除湿能力が一定しています。ただし、使用中、室温が高くなるので、梅雨時の部屋干しに使用する場合は、浴室を使って洗濯物を干すとよいかもしれません。

2. コンプレッサー式

エアコンの除湿機能と同じ原理で室内を除湿します。気温の高い時の除湿能力が優れているために梅雨時期の部屋干しの使用に適しています。ただ、本体が大きくて重く持ち運びにくく、騒音が気になる、冬場は除湿能力が下がるというデメリットがあります。梅雨時期の部屋干しのためだけに新規導入するのには、躊躇してしまうかもしれません。

気になる電気代については、メーカーや機種によって違ってきますが、目安としては、ゼオライト式は、1時間使用すると約20円くらい、コンプレッサー式は、1時間約7円かからないくらいです。


最新の除湿機の中には、上記の両方の機能を兼ね備えたハイブリッド式も出ています。衣類乾燥モードなどがついている機種もあるようです。コストは機種によって変わるようですが、ゼオライト式よりは安く、コンプレッサー式よりは高いというのが一般的です。

除湿機で乾かす場合のメリット・注意点とは?

Retina pixta 14740112 s
PIXTA
梅雨時の部屋干しに除湿機を使うメリットは2つあります。1つは、除湿機は持ち運べるので、干す部屋を選べるという点。もう1つは、部屋全体の湿度も下げるので、部屋のカビの発生を抑えることにつながり、洗濯物も衛生的に乾かせる点です。

ただし、広い部屋だと、除湿機の能力が追いつかず、室内干しの洗濯物も、部屋もなかなか乾燥しません。除湿機の能力に合わせた広さの部屋で使いましょう。

リビングで室内干しをされる方が多いようですが、リビングはキッチンと隣接していることが多いので注意してください。キッチンの炊飯器や食洗器の蒸気によっても湿気が発生していますので、除湿機の能力は大きめのものを選ぶか、別の広くない部屋で使用することをおススメします。

また、室内用の物干し台などが必要になるので、使っていない時に置いておくスペースや収納する場所も考えておきましょう。

乾燥機で乾かす場合のメリット・注意点とは?

Retina 5kg img 01  1
乾燥機は、文字通り洗濯物を乾燥させるために作られた製品なので、除湿機に比べると衣類そのものの乾燥機能が非常に高いといえます。乾くスピードも除湿機に比べると格段の差です。

そして、忙しい化方にとって何よりのメリットは、室内干しや外干しと異なり、干す手間がない、家事楽&時短ということではないでしょうか。

温風で乾かすので、ふっくら仕上がります。天日干しと同じレベルの除菌効果も期待できるものもあります。

注意点は、しわになりやすい物の乾燥は避けたり、分けたほうがよいこと。また設置に関しては、ガス式のものは、設置の際に工事が必要な場合があるので、導入前に確認が必要です。

乾燥機の種類とは? 「電気式の衣類乾燥機」の特徴

Retina
ヒートポンプ式とヒーター式があります。
ヒーター式は、ドラム内の空気を電気ヒーターで加熱し、洗濯物を回転させながら乾かします。湿気は熱交換で水分を除去します。
ヒートポンプ式は、エアコンの除湿機能のような仕組みで空気を乾燥させ、その時に発生する熱で温風を作ります。

機器費としては、ヒートポンプ式のほうが安いのですが、ランニングコストを抑えたい場合は、ヒートポンプ式が適しています。タオル類やTシャツ類の乾燥が得意と言えるでしょう。衣類によっては使えないものもあるので注意してください。

乾燥機の種類とは?「ガス式の衣類乾燥機」の特徴

Retina
ドラム内で洗濯物を回転させながらガスの熱風に当て乾かします。湿気を帯びた熱風はファンで外部に排出します。

梅雨時に出た大量の洗濯物を速く乾かしたい場合に最適といえます。仕上がりも天日干しよりふっくらしており除菌効果も期待できます。

電気式よりもコストパフォーマンスにも大変優れています。コインランドリーやクリーニング屋さんなどで使われているのは、ガス式の衣類乾燥機です。
Retina retina retina merit img example 04
【試算条件】・実用衣類5kgの洗濯物を乾燥。・ガス料金は一般ガス契約(東京地区等)、電気料金は東京電力エナジーパートナーの従量電灯B契約の平成28年9月時点の原料・燃料価格に基づいて計算した税込金額(基本料金含まず)。
※ 使用状況によりランニングコストは異なります。(リンナイ、東京ガス調べ)
ガス式の衣類乾燥機はパワーが強いため、電気式の洗濯乾燥機に較べ、短い時間でよりふんわり仕上げることが出来ます。
ガス衣類乾燥機「乾太くん」なら5kgの洗濯物でも1時間かからず乾かすことができます。通常の電気式乾燥機の3分の1の時間で済むんです。
Retina retina retina retina atogaki04 pc
合計3kg相当の洗濯物で乾燥した場合(大阪ガス調べ)
気になる仕上がりですが、天日干しよりも衣類乾燥機で乾かした方が、実はふっくら仕上がります。

ガスのパワフルな温風で繊維の根元から乾かすので、ふんわり度合いが違います。

天日干しでは、布の繊維が寝たまま乾いていくので、実は取り込むとゴワゴワした感じが残りやすいんです。

衣類乾燥機は、布をバウンドさせながら、温風を繊維の底まで当てていくので、繊維が立ってふんわりと仕上がる傾向があります。特に、ガスの乾燥機はパワーが強いため、電気式の洗濯乾燥機に較べ、短い時間でよりふんわり仕上げることができます。

乾燥に時間がかからないので、シワになりづらく、何より「干す手間」がなくなり、忙しい方たちに長い間支持されています。

一度使ったら手放せない、ガス衣類乾燥の良さをぜひ実感してみませんか。

おわりに

室内干しはあまりしないという方、衣類乾燥のスピードはあまり求めないけど部屋の除湿も一緒にしたい方は「除湿機」。通年、洗濯物を早く乾かすことや家事楽を重視するなら、やはり「乾燥機」 ということになりそうです。

梅雨時は湿気が多く、洗濯物を乾かすのに、ただ単に部屋干しするだけではなかなか乾きませんし、カビやダニの原因にもなります。乾燥機と除湿機、また種類の特徴をしっかりと踏まえたうえで、上手に活用してみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【常温でOK?】にんにくはどう保存する? 賢く使い切るにんにくの保存方法

122966view
2

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

17726view
3

【レシピ】ごま油と生姜で「たたき胡瓜のピリ辛漬け」

4217view
4

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

4252view
5

【レシピ】ヘルシーな「エビと鶏ささみの葉っぱ巻き」

608view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード