家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

2116 view

夏休み何もしないのは、もったいない!?長期休みこそ子供に英語を学ばせるチャンス

小中高生になると1か月もある夏休み。せっかく長期の休みがあるなら、集中的に英語を学ばせたいというニーズも増えているようです。最近ではこうしたニーズの増加を背景に、本物の英語に触れることができるさまざまなプログラムが提供されています。

通学型のプログラム

多くの英会話スクールでは夏休み期間に特別なプログラムを用意しています。

小中高生を対象としたものでは、講師と自分の趣味や家族の話をするというセッションのプログラムや、動物園や水族館に先生が終日英語で引率してくれるというプログラムもあります。

身近な話題を話す際に英語を手段として使う方がより印象深く楽しく学べるかもしれませんね。

海外留学型のプログラム

夏休みに子どもを海外留学させてみたいけど安全面が不安という方も多いかと思います。その場合には親子留学のプログラムもあります。

子どもと親で一緒に現地の学校に入学してそれぞれ語学を勉強するというプランもあれば、子どもが勉強している間、親はヨガや料理など趣味の教室に通ったり、観光を楽しむというプランもあります。期間も1週間から1か月まで選べます。

費用を抑えたいのであればシンガポール、マレーシア、フィリピンなどアジア圏がおすすめ。子どもに同伴できる保護者ビザ(ガーディアンビザ)で入国できるマレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、カナダも人気です。イギリス英語、アメリカ英語を身につけさせたいという理由でイギリスやアメリカを選ぶ方も多いようです。

国内合宿型のプログラム

より手軽にということであれば国内合宿型のプログラムもあります。多くの英会話スクールや教育機関でサマーキャンプという名称などで募集しています。バーベキューやテント生活などアウトドアを楽しむものから、スポーツ中心のもの、英語劇やカードゲームなど語学習得に力を入れているものまでさまざまなプログラムがあります。子ども一人で参加させられるものも親子で参加できるものもあります。

国内の外国人のお宅にホームステイ

日本国内に居住している外国人の家庭にホームステイさせてもらうというプログラムもあります。家庭の雰囲気を味わいながら生活の中で自然と英語を身に着けられるのが魅力です。期間も半日から数日までと選ぶことができ、手軽に子どものペースで始めることが可能です。

おわりに

グローバル志向が高まる中で子どもに早いうちから英語を学ばせたいというニーズが増えています。最近ではこうしたニーズに応えられるよう多様なサービスが提供されるようになりました。お子さんに合ったものが見つかるといいですね。

2016年06月30日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153650view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149458view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118692view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203352view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77207view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード