家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

221841 view

捨てないで! お米のとぎ汁【驚きの活用術】6選

お米をといだときに出るとぎ汁。捨ててしまっていませんか? 野菜の下ゆでに使うということは有名ですが、実はそれ以外にもさまざまな活用方法があるんです。スキンケアや食器洗い、フローリングのワックス代わりにも。驚きの活用術をご紹介します。

【活用術1】フェイスパック

フェイスパックをする人
PIXTA
とぎ汁に含まれる米ぬかにはビタミンやミネラル、セラミドなどの多くの美容成分が含まれています。

米のとぎ汁を深さのある小皿に入れて冷蔵庫に入れ、一晩置きます。翌朝に上澄みを捨てると底にクリームが残っています。そのまま塗ってもいいですし、小麦粉やはちみつを混ぜてもいいそう。パックとして顔に塗り、しばらく置いて洗い流してください。

※お肌に合わない場合には使用しないでください。

【活用術2】化粧水

頬を触る人
PIXTA
とぎ汁を手に取り、そのまま顔に付けてパッティングします。ビタミン、ミネラル、セラミドなど多くの美容成分が含まれているだけでなく、油分も含まれているため保湿の効果も期待できるそうです。

※お肌に合わない場合には使用しないでください。

【活用術3】顔や身体の洗浄剤

顔を洗う人
PIXTA
江戸時代は米ぬかを入れた布袋で身体を洗っていました。米ぬかが含まれたとぎ汁には洗浄作用があると言われています。

とぎ汁が白いのは界面活性剤のような成分が含まれているから。そのまま洗顔すれば天然の洗浄剤として顔の汚れを優しく落としてくれそうです。

※お肌に合わない場合には使用しないでください。

【活用術4】フローリングのワックス代わりに

フローリング掃除
PIXTA
とぎ汁をスプレーボトルに入れて床に吹き付け、そのあと雑巾で拭き取ります。米のとぎ汁にはワックス効果につながるような成分が含まれているため、フローリングにツヤを出し、コーティングして傷つきにくくしてくれるそう。

※フローリングによってはワックス効果にならない場合もありますので取扱説明書などをご確認ください

【活用術5】野菜の下ゆでに

たけのこを茹でる
PIXTA
大根やたけのこなどはとぎ汁で下ゆでしておくと、えぐみや苦味を取り除くことができます。米ぬかに含まれるカルシウムなどの成分が、苦味の成分を中和してくれるからです。

【活用術6】食器の油汚れに

洗う前の食器
PIXTA
油汚れがひどい食器はとぎ汁に浸してしばらく浸け置いてから、スポンジで洗って水で流します。とぎ汁に含まれる成分が界面活性剤のような働きをして油を分解してくれるので、汚れが落ちやすくなります。

おわりに

お米のとぎ汁がこれだけ活用できるとご存知でしたか? とぎ汁の活用は昔ながらの知恵。捨ててしまってはもったいないですね。無洗米をお使いのお宅では米ぬかを水に溶かして使うというやり方もあるそうです。試してみたいですね。

参考:日本米穀小売商業組合連合会「米ぬかの油分でうるおいを」

監修:三浦康子/和文化研究家。古を紐解きながら、季節の行事や生活の知恵など、今の暮らしを楽しむ方法をメディアにて提案。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)、『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)、監修書『季節でいただく まいにち薬味』(主婦の友社)、『おうち歳時記』(朝日新聞出版)ほか多数

あわせて読みたい

【実はやりがちなNGとは】お米の<研ぎ方の基本>を見直して! 美味しく炊こう!

米を研ぐ
PIXTA

「本当に洗わなくていいの?」無洗米と普通の白米の<違い5つ>と<無洗米購入時の注意点>

お米
PIXTA

2020年06月13日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

1112243view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

108357view
3

【快眠のプロ直伝】エアコンは夜間付けっぱなしが正解!? 夏の正しい使い方

460642view
4

ちゃんと知りたい【ステンレス製の水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

565681view
5

「エアコンの臭いが気になる! 」フィルター掃除で十分!? 効果的なお手入れとは?

73137view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード