家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

12130 view

夏バテの方必見!夏バテ・夏の疲れに効く食材まとめ

暑い日が続くと体力を消耗してしまい身体に疲労がたまっていきますね。疲れすぎると食欲も減退して悪循環に。夏バテしてしまったときは食事を工夫して乗り切りましょう。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

夏バテとは?

夏バテの原因は体力を消耗して疲労が蓄積されること。疲労した身体を修復するにはたんぱく質が必要です。たんぱく質を分解してくれるのに必要なビタミンB1、ビタミンC、ナイアシンをとりましょう。また疲労物質である乳酸を分解してくれるクエン酸をとるのも効果的です。

<夏バテ解消に効く食材 1>うなぎ

うなぎはたんぱく質とビタミンB1を豊富に含んでいます。ビタミンB1はたんぱく質や炭水化物を吸収するのに不可欠な成分。ビタミンB1が不足すると炭水化物をとってもエネルギーに分解されず、ブドウ糖が疲労物質の乳酸に代わってしまうそうです。

スタミナ満点!蒲焼きを使ったアレンジ【うなぎ】レシピ

うなぎ料理というと、うな重やひつまぶし・うなぎの蒲焼きを思い浮かべる方が多いと思いますが、うなぎの<蒲焼き>を使ったアレンジレシピなどをご紹介します。

<夏バテ解消に効く食材 2>豚レバー

豚レバーには疲労回復に効果があるナイアシンが含まれています。ナイアシンは脳内ホルモンの原料にもなっていて、不足すると慢性的な疲労や精神状態の不安定さを招きます。ナイアシンはたらこやあじ、さばにも含まれているそうです。

【レシピ】レバーの臭みを出さないコツ!「レバニラ炒め」

豚レバーを使ったメニューでオススメはレバニラです。ニラやにんにくにはビタミンB1の効果を高めてくれるアリシンが含まれています。

<夏バテ解消に効く食材 3>きゅうり

きゅうりはカリウムを多く含みます。カリウムは体内の必須ミネラルのひとつで、不足すると疲労感やむくみにつながります。カリウムは旬の野菜であるトマトやアボカド、スイカなどにたっぷりと含まれています。

やみつきになるもう1品に! 「キュウリ」の漬物・和え物レシピ

そのまま食べてももちろん美味しいですが、ちょっとひと手間加えた「食卓のもう1品」にピッタリなきゅうりの漬物・和え物レシピをご紹介します。

<夏バテ解消に効く食材 4>豚肉

豚肉には疲労回復効果があるビタミンB1が豊富に含まれています。
豚肉は汗で排出されがちなカリウムを多く含む夏野菜と一緒に食べるのが効果的です。

ボリュームにも満足!豚肉を使った<人気の定番レシピ>

みんな大好き!ボリュームも大満足な人気の定番「豚肉のレシピ」をご紹介します。

<夏バテ解消に効く食材 5>ネバネバ食材「長芋・オクラ」

長芋は、昔から「山うなぎ」と言われるほど滋養強壮によい食べ物だそうです。

ビタミンBや、消化を助けてくれる酵素のアミラーゼ、プロテアーゼが含まれています。免疫力が向上し、消化器官を強くして夏バテに負けない身体を作ってくれます。

オクラはねばねば食感が特徴で栄養が豊富、夏バテ防止にも最適な野菜の一つです。

上品で喉越しも楽しめる和風ポタージュ!「おくらと長芋のすり流し」

長芋とオクラを使ったメニューとしては「すり流し」はいかがでしょうか。喉ごしがいいので食欲のないときにもツルツルと食べやすいですよ。

夏バテ対策にも! 栄養たっぷりの「オクラ」を使った夏向けレシピ

食欲が落ちやすい夏でも食べやすい、おくらを使ったレシピをご紹介します。


東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。

お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2016年08月26日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153700view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149498view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118716view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203369view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77232view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード