家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

110724 view

捨てないで! 中途半端に余った『生クリーム』の活用法&保存方法

料理やお菓子づくりに購入した生クリーム。中途半端に余ってしまった時はどうしていますか? 開封後の生クリームの保存方法は? 冷凍保存できるって本当? ホイップ以外に用途はある? 生クリームの活用法や保存方法などをご紹介します。

生クリームの正しい保存方法とは?

生クリーム
PIXTA
実は生クリームはとてもデリケートで、温度変化だけではなく振動にも弱いという特徴があるんです。

生クリームを保存する時は、10℃以下であまり出し入れしない場所がオススメです。特に以下の点には注意しましょう。

・凍結する可能性があるので、冷蔵庫の冷気の吹き出し口付近に保管しない
・ドアの振動で固まる可能性があるので、ドアポケットには保管しない

使える? 使えない? 生クリームの捨て時とは?

鼻を摘む人
PIXTA
生クリームは傷みやすい食品です。

・変なニオイがする
・苦味や酸味がある
・変色している

などの場合には、使用せずに速やかに処分してください。

生クリームが「固まっているだけ」ならまだ使える?!

固まってしまった生クリームは、ニオイや味に問題がなければ使うことができます。ただし、再びホイップを作ることはできません。シチューのコク出しなど、料理に活用してくださいね。

【余った生クリームの活用法 1】他の料理に使う

クリームシチュー
PIXTA
生クリームはスイーツだけではなく、メイン料理や副菜にも使えますよ。

【生クリーム活用法 1】おかずやスープに

生クリームは料理に濃厚なコクを加えます。料理に牛乳を使う場合、分量の一部を生クリームにすると濃厚な味わいになりますよ。

定番の使い方は、シチューやホワイトソースに使うこと。牛乳だけでは出せない濃厚な味わいに。カレーやビーフシチューにトッピングするのもいいですね。味だけではなく、見た目のアクセントにもなりますよ。

【生クリーム活用法 2】カフェオレやミルクティーに加える

コーヒーの上にホイップクリームを浮かべて「ウインナーコーヒー」にすれば、コーヒーの苦味がまろやかになり飲みやすくなります。紅茶、ココアなど、お好みのドリンクに使用してみてくださいね。

生クリームの余る量はその時によって違いますよね。
以下は管理栄養士など食の専門家による余った生クリームの活用レシピです。ごく少量余った場合から、パッケージ半量の100mlが余った場合まで、多様なレシピがありますよ。

【余った生クリームの活用法 2】バターを作る

バター
PIXTA
手作りバターをつくる方法もあります。200mlの生クリームだと、バターが約80gできますよ。作り方は振るだけなので、お子さんと一緒に作っても楽しそうです。

生クリームを使ったバター作りに必要なもの

・乳脂肪分40%以上の生クリーム・・・200ml
・食塩・・・少々(無塩バター作りなら不要)
・1000ml程度の液体が入る広口のフタ付き容器

乳化剤を使っていない「純乳脂肪」タイプの生クリームを使いましょう。生クリーム以外のホイップ用のクリームは、乳化剤が添加されているため、バターができるまでに時間がかかってしまいます。

生クリームを使ったバターの作り方

1.容器と生クリームを冷蔵庫でよく冷やす。
2.フタをしっかり閉めた容器を10~20分程度よく振る。保冷剤などを容器にあててタオルでくるみ、冷やしながら振ると効果的です。
3.固まりと白い水(バターミルク)に分かれたら、固まりだけをボウルなどに取り出す。この固まりがバターです。
4.ゴムべらなどで均一に練り上げる。
5.有塩バターにする場合は、食塩を少々加える。

手作りバターですから、冷蔵保存し、なるべく早めに食べるようにしましょう。

【余った生クリームの保存方法】ホイップして冷凍保存する

ホイップ作り
PIXTA
ホイップした生クリームは冷凍保存が可能です。使う時は、冷蔵庫でゆっくり解凍しましょう。
作りたてよりも風味は劣りますので、デコレーションで使うよりは、料理に使用するのがオススメです。

また、ホイップする前の液状の生クリームは冷凍保存はできません。一度冷凍すると、クリームの成分が分離してしまうためです。

おわりに

料理に入れたり、バターを作ったり。実はホイップ以外にもいろいろな活用法のある生クリーム。ホイップ作りで余ったものは、別の用途でおいしく使い切りたいですね。デリケートな食品ですので、保存方法には注意しましょう。

取材協力:雪印メグミルク株式会社
参考: 雪印メグミルク株式会社「ミルクアカデミー」

あわせて読みたい

ホイップクリーム
PIXTA

2020年07月29日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】子どもを早く寝かせたい! 早寝をさせる7つのコツ

189563view
2

つけ置きでピカピカに!「プロが教えるキッチンの簡単掃除テクニック」

46938view
3

洗濯乾燥機で「乾燥機能」を使わないのは何割? 衣類乾燥機を使った感想は?【洗濯・乾燥の実態調査】

86300view
4

毎日悩まない! 15分でできる一汁一菜の一週間献立【夏レシピ(1)】

22028view
5

【実はカロリーが低い!? 】じゃがいもの女性に嬉しい3つの「栄養素など」

375526view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード