家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2016年08月25日
4680 view

最近いつ洗った?実は汚れている「鍋つかみ」の<洗濯&消毒方法>

キッチンにある布製品で、ふきんなどは毎日洗う方も多いと思いますが、調理に欠かせない道具の「鍋つかみ」最近いつ洗いましたか?今回は「鍋つかみ」の洗濯、消毒方法をご紹介します。

洗濯するという判断がつきにくい鍋つかみ

Retina pixta 15158794 s
PIXTA
鍋つかみは蓋を開けた時や、鍋を移動させたりした時に料理の汁がついたり、焦げがついてしまったりと、常に汚れにさらされています。

また、手を入れて使用する形のものも多いので、実は内部の汚れも気になりますよね。洗濯できる素材であれば、簡単に汚れを落とすことができます。食品を扱うアイテムなのでこまめに洗って清潔に保ちましょう。

洗濯で用意するもの

ご家庭にあるものを利用して手軽に鍋つかみを洗濯できます。こまめに洗濯する習慣を持ちたいですね。

○洗濯で用意するもの
・キッチン用石けん(ふきん用の石けんでも可)
・お湯を貯めるためのボウルや洗面器
・30~35度程度のぬるま湯

鍋つかみの洗濯の手順

Retina pixta 2804561 s
PIXTA
熱いものを掴むので厚手の生地だったり、丈夫な生地の印象の鍋つかみですが、洗濯の際はゴシゴシと洗わずに、やさしく洗うのがポイント。

1, 鍋つかみについているホコリを払います。
布製のものは特にホコリを吸着しやすいので、まずホコリやススを払いましょう。

2. ボウルに30~35度程度のぬるま湯をため、鍋つかみを浸します。
鍋つかみ全体がしっかりぬるま湯を含むようにしてください。

3.キッチン専用石けんで優しくもみ洗いをし、十分にすすぎます。
汚れの酷い部分は念入りに洗いましょう。

熱湯消毒すればさらに安心

Retina pixta 1084955 s
PIXTA
洗濯が終わったら、熱湯消毒すると更に安心して使用できます。簡単な手順で済みますので、熱湯消毒できる素材の場合はぜひ行ってみてください。
ただし、ワッペンや縁のパイピングなどアイロン接着の装飾などのついた鍋つかみの場合は、熱湯をかけることではがれてしまう場合がありますので、素材の確認を必ずしましょう。

○消毒に用意するもの
・熱湯
・重曹

1, 清潔な洗面器などに洗い終わった鍋つかみを入れる。

2, そこへ熱湯を回しかけます。
やけどには十分注意して行いましょう。

3, 熱湯がたまったらその中に重曹約大さじ1を入れて30分つけ置く。

4, その後取り出して軽く絞ったら、清潔なタオルで挟みながら脱水し、干します。

脱水だけ、ふきんなど他の台所布製品の脱水と一緒に、洗濯機の脱水を使用するのも、水切れがよくなり、乾きも早くなるのでおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?食品を扱うキッチンの道具は常に衛生面に気を配りたいものですね。水洗いできる素材の鍋つかみはぜひ洗濯を。洗濯することで生地が薄くなっている、焦げて小さな穴があいているなどのチェックもできますよ。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

256218view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

207146view
3

みんなの洗濯頻度とは? 毎日派と2日に1回派のそれぞれのメリットは?

4257view
4

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

79221view
5

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

215399view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード