家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2017年12月07日
12607 view

【お風呂でバタ足!?】話題の「バタ足ダイエット」とは?

「バタ足ダイエット」って聞いたことはありますか? お風呂でバタ足をするだけというダイエット方法です。簡単で続けやすいと言われている「お風呂のバタ足ダイエット」をご紹介します。

お風呂のバタ足ダイエットとは?

Retina pixta 17275947 s
バタ足は太ももやお尻、お腹周辺の筋肉を鍛えてくれるそうです。
これをお風呂の中でやるのが「お風呂のバタ足ダイエット」。お風呂に入浴しながらだと、水圧のおかげでインナーマッスルを効果的に鍛えやすいそうです。
お風呂の中での毎日の習慣にしてしまうと続けやすいのもポイントですね。

【事前の準備1】身体の洗浄

Retina pixta 2584187 s
あらかじめシャワーを使って身体、顔、頭皮を洗い、汚れを落としておきましょう。身体が温まると足が攣ったり、筋肉を傷めるリスクを減らせるそうです。太もも、ふくらはぎなどを手で軽くマッサージしておくのも良いとか。掌で包み込むようにして、ゆっくりと優しく揉み込むのがポイントだそう。

【事前の準備2】湯船につかる

Retina pixta 12869313 s
湯船の温度は36~39℃とぬるめにして肩までつかれる水位までお湯を入れましょう。肩までつかって身体を動かすことでインナーマッスルが刺激されます。

よりリラックスした環境を作り出したい場合は、湯船に数滴アロマオイルを落とすのもおすすめ。音楽をかけながらやるのもいいですね。

お風呂のバタ足ダイエットの方法

Retina 206713 r1 c1
入浴する前には、十分にかけ湯を行い、体をお湯の温度に慣れさせるようにしましょう。

浴槽に座り手は浴槽の縁をつかむかお尻の横に添えて安定させます。そのまま湯船の中でバタ足をします。水面から足が出ないように水しぶきが上がり過ぎないように低い位置でやると効果的だそうです。「え、これだけ?」と思うかもしれませんね。

ストレッチしてさらにリラックスしたい! そんなときは・・・

Retina retina furomimi  1
お風呂で聴けるオーディオブック「Furomimi(フロミミ)」では、ぬるめのお湯につかりながら10分程度でできるストレッチのメニューを提供しています。

「Furomimi(フロミミ)」は、音だけで動作をコーチングしてくれるので、お風呂に浸かりながら、そして、目を使わず休めながらストレッチできるのもポイントです。体の動きや気持ちよさなど、反応をより感じやすい状態でストレッチできます。
Retina retina pixta 27834549 s
PIXTA
バスタイムにオーディオブックを楽しむという新たな生活スタイルをご提供するFuromimi(フロミミ)では、ストレッチ以外にも、さまざまなニーズに応え、毎日のバスタイムをより豊かにしてくれる幅広いコンテンツを揃えています。

自己啓発書やビジネス書、小説などのオーディオブックのほか、Furomimi(フロミミ)でしか聴くことのできないボイストレーニングのオリジナルコンテンツも充実。

ぜひ、活用してみてください!

おわりに

お風呂でのバタ足ダイエット、いかがでしたでしょうか。お風呂場で簡単にできる運動は長く続けられそうですね。運動の合間に休憩を挟んだり、水分補給をすることもお忘れなく。体調が悪い時には無理をせず中断することも大事ですよ。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

259372view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

209487view
3

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

80306view
4

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

216377view
5

まとめ買いしても大丈夫! 解凍後でもおいしい「お肉」の正しい冷凍保存方法

23617view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード