家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2018年07月31日
3795 view

【靴選びが重要!? 】運動会の徒競走で速くなる「走り方のコツ」

かけっこは運動会のメイン行事のひとつ。足が遅いのを気にしているお子さんもいますよね。でも走り方にはコツがあり、それさえ掴んでしまえばある程度スピードを出せるもの。今回は運動会で走る時(徒競走やリレーなど)の走り方やコツ、靴の選び方についてご紹介します。

【運動会で速くなる走り方1】スタートのときしっかり音を聞く

Retina pixta 938669 s
PIXTA
運動会の場合は、ほとんどが立ったままスタートするスタンディングスタートですね。この場合、最初の一歩をしっかり踏み込み、身体を前に進めることが大事です。そしてピストルの音が鳴った瞬間に足を踏み込むことです。音をしっかり聞くこと、最初の一歩をしっかり踏み込むこと。この二点で大きな差がつきます。

家で練習するならば、音を聞いて踏み込む、スタートダッシュの練習をすると良いそうです。

【運動会で速くなる走り方2】腕を振り太ももを大きく動かす

Retina pixta 3298738 s
PIXTA
走っている時は、腕を大きく振り、胸を張って走るのが理想的な走り方。
オリンピックに出ている選手のほとんどが、走っている時は前だけ見て、後は胸を張って走っているはずです。この時、視線はゴールだけを見ているのでも良いですし、とにかく視点をブレさせないことが重要だそうです。

また、早く走るためには腕の振りも重要ですが、太ももを大きく動かして走ることが重要です。
子供達は速く前に行こうとして、足が十分に回転していないことも多いので、太ももを高く上げて踏み込めるよう、練習するといいですね。

【運動会で速くなる走り方3】ゴールまで目線をずらさない

Retina pixta 14976836 s
PIXTA
ゴールが見えてくると油断してスピードが落ちてしまう子も多いそうです。
運動会では最後のラインを越えるまでが勝負です。ゴールの先まで気を抜くことなく走り続けるように伝えましょう。余力が残っている場合は、ここで全力を出せば記録もおのずと伸びてきます。

また、ゴール間際というのは横の選手や観客も気になる子が多いのですが、横を意識したり目線がずれると一気にスピードが落ちてしまいます。やはり前だけ向いて走るようにすることが重要ですね。

【運動会で速くなる靴の選び方】ピッタリのサイズを選ぶ

Retina pixta 22590643 s
PIXTA
子供はすぐ大きくなるので、つい大きめの靴を選んでしまうということが多いですが、その子の体型や体格に合っている靴を選ぶ必要があります。足にぴったりとフィットするものを選びましょう。

キツすぎても血行が悪くなってしまうので、サイズがピッタリで足指が靴の中で動かせるものが理想だそうです。

おわりに

運動会の走り方、いかがでしたでしょうか。どれも練習すれば誰でも身につけられるもの。ぜひ親子で練習してみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

259265view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

209423view
3

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

80279view
4

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

216358view
5

まとめ買いしても大丈夫! 解凍後でもおいしい「お肉」の正しい冷凍保存方法

23601view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード