家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2018年07月31日
2920 view

【妊娠中のお風呂で気を付けるべきことは? 】妊娠中の正しい入浴法

妊娠すると今まで通り入浴していいのか、赤ちゃんへの影響がないかなど、気になりますよね? 実は妊娠中の入浴では、いくつか気を付けた方がよいポイントがあります。なかなか妊婦健診でも入浴法までは指導してもらえないもの。ここでは妊娠中の入浴法についてご紹介します。

【妊娠中の入浴法1】お湯の温度はぬるめに

Retina pixta 20941118 s
PIXTA
妊娠中の入浴法で注意したいのがお湯の温度です。
熱いお湯に入るのは控え、ぬるめの温度(季節によりますが38度前後)に設定してください。

妊娠中はお腹の赤ちゃんに血液を送るために、酸素や鉄分が不足しがちになっています。
高い温度のお風呂に入ると、のぼせやすくなり、貧血になることもあるようです。

【妊娠中の入浴法2】入浴時間は短めに

Retina pixta 12869320 s
PIXTA
妊娠中は体を冷やさない方がいいと言いますが、長風呂は体に負担がかかるので控えた方が安心です。

お風呂で血流が良くなりすぎたり、貧血やめまいで入浴中に転倒するのも危険です。妊娠中は時間を気にして、入浴すると良いですね。

【妊娠中の入浴法3】半身浴がおすすめ。水分補給も忘れずに

Retina pixta 15145127 s
PIXTA
妊娠中は新陳代謝が活発に。妊娠してから喉が渇くことが増えたという人も多いようです。水分補給は意識して行いましょう。

○まず、入浴前にはしっかり水分を摂りましょう。身体を冷やすのは良くないので冷たい飲み物より、常温の飲み物の方が良いようです。

○そして、お湯に浸かる時は、半身浴がおすすめ。

お腹が圧迫されて気分が悪くなる事を防げます。寒い時は肩にお湯をかけたり、温かいタオルを乗せましょう。

○また、体や髪を洗う時、前に屈んだ体勢になりがちですが、腹圧がかかるとお腹が苦しくなることも。楽な姿勢で洗うように心がけてください。

事故を防ぐ為に

Retina pixta 20552950 s
PIXTA
お腹が大きくなってくると、足元がよく見えなくなってきたり、バランスを崩しやすくなる事もあります。

床に何も置かないように気を付けましょう。シャンプーや石鹸カスなどが残っていて、滑ってしまうと危険なので、毎回きちんと流して掃除をしたり、転倒防止のマットを敷くと良いでしょう。

また、急に気分が悪くなることもあります。脱衣所に携帯電話を持って行けば、いざという時に家族に連絡が取れて安心ですね。

おわりに

お腹が大きくなったりつわりがあったりと、妊娠中の入浴は何かと大変なことも多いですね。

妊娠中でも快適に入浴できる姿勢や方法を探し、バスタイムを楽しめるといいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

まとめ買いしても大丈夫! 解凍後でもおいしい「お肉」の正しい冷凍保存方法

23215view
2

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

257792view
3

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

208234view
4

シャキッと歯ごたえ保ちたい! レタスの上手な保存方法と切り方

28455view
5

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

215921view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード