家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

4224 view

雨が降っても大丈夫!?「屋外用」のソファやテーブルで楽しむアウトドア空間の装い

晴れている日にテラスや庭での食事をするのは気持ちが良いものですね。最近では、ソファやテーブルなど屋外用の家具も増えてきています。でも、雨に濡れた場合の対応など気になりますね。キッチンジャーナリストの本間美紀さんにソファやテーブルなどの屋外用家具について取材していただきました。

海外に行くと、日本よりもみんな外で食事をすることに慣れているなあ、と思います。

先日訪れたミラノでは、カフェやバールの前では人があふれんばかりに道にはみ出ていたり、ドイツでもカフェやレストランは外の席から埋まっていきます。シンガポールではホーカーズという屋台村が夜遅くまでにぎわっています。
Retina kitchen21 01
10年くらい前、日本ではオープンカフェはごく限られたおしゃれな場所にしかありませんでしたが、最近では街の至る所にオープンカフェが増えてきました。

ペット連れの人も楽しんでいますね。
また最近は立ち飲みがブーム。繁華街で路上にあふれて飲みながら会話を楽しんでいる人も増えました。
Retina kitchen21 02
MUシリーズ / デドン
海外では、屋外用の家具も進んでいます。

日本では、屋外用の家具は、キャンプ用品の延長のような家具が主流ですが、海外では、屋外用の「ラウンジ空間」のための、布張りのソファやダイニングテーブルといった家具がたくさん登場しているのです。

布張りのソファを屋外で使って大丈夫なの? と思いますが、雨に濡れても大丈夫で、乾くのも早い耐候性の生地が進化したことによって「屋外用の布張りソファ」が登場したのです。
さらにデザイン性の幅も広がり、自然と調和するものだけではなく、屋外に室内の世界感を表現できるような家具も増えています。

次の写真のチェアは、世界的に有名な屋外チェア「ビストロ」。実は125年前に生まれたというロングセラーですが、最近は色のバリエーションを24色に増やすなど、「屋外で色」という提案をしています。
Retina kitchen21 03
ビストロチェア / フェルモブ
また、次の写真は「パオラ・レンティ」という、カラフルな屋外空間を演出する、イタリアの家具ブランドです。写真は修道院の跡地の建物を活用したコーディネート例です。素敵ですね。
Retina kitchen21 04
ソファ、ウォールラグ、テーブル / パオラ・レンティ
ソファに使われている生地は、もとは自動車の工業用のフェルトやロープ。その耐久性に注目し活用しているそうです。発想がユニークですし、こんなに色がたくさんあるのもすごいですね!
Retina kitchen21 05
自然と調和することを好む日本人は、屋外で強い色を使う発想は出にくいですが、ヨーロッパは石の建物も多いので、映えますね。
今後も屋外空間は、ますますラウンジ化していきそうです。
そしてダイニング。
キッチンのそばにテラスや庭をつなげて、料理を屋外で食べる人も多いです。
屋外のダイニングテーブルで圧倒的に多いのは円形だそうです。座る人同士の距離が近く、親密感が出るようです。
Retina kitchen21 06
TANGO / デドン
Retina kitchen21 07
1900チェア / フェルモブ
園芸大国ベルギーのエクトレミス社からはこんなユニークな丸テーブルも。
Retina kitchen21 08
ガルガンチュア / エクストレミス
こんな風にみんなで集います!
Retina kitchen21 09
また屋外はスペースにゆとりがあることが多いため、室内では使えないようなビッグテーブルを置くケースも少なくありません。
Retina kitchen21 10
マリーナコンビ / エクストレミス
最近人気のギャザリングテーブルスタイルです。4人掛けなどに分かれるのではなく、大きな一つのテーブルを分け合って座って、一体感を感じて親密感を高める座り方です。
Retina kitchen21 11
マリーナピクニック / エクストレミス
屋外スペースに余裕がない都会の狭いテラスでも食事を楽しんでいるようです。下の写真はベランダのフェンスを利用して取り付けられるテーブルです。前述の 「ビストロ」のシリーズですが、アパルトマンの多いパリ向けかもしれませんね。
Retina kitchen21 12
ビストロベランダテーブル / フェルモブ
でも屋外で必ず人が集まってくる場所があります。

それはどこでしょうか。
それは炎のまわり。
原始の頃から、それは変わらず人間を引きつけるのですね。
Retina kitchen21 13
ミラノでの光景より
写真で紹介の商品の問い合せ先

・フェルモブ(フランス)
・デドン(ドイツ)
上の2社の問い合わせ先
ニチエス

・パオラ・レンティ(イタリア)の問い合わせ先
アルフレックスジャパン

・エクストレミス(ベルギー)の問い合わせ先
ティストゥ

プロフィール紹介

Retina retina 01 homma  1
本間美紀

キッチンジャーナリスト
早稲田大学卒業後、インテリアの専門誌の編集部を経てインテリアやキッチン、暮らしに関する執筆、編集で活動中。日本国内や海外のキッチンライフを取材し、「パーフェクトキッチン」「インターナショナルキッチンAtoZ」ほか、ライフスタイル系キッチンムックを刊行。2010年秋には「ザ・リアルキッチンガイド」を出版。

ブログ:キッチンジャーナル「キッチンのこころ」

2018年03月21日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【お風呂のはなし5話】爽快! 目覚めには朝シャワー

40119view
2

「あれ、ガスがつかない! 」地震で止まった「ガス」を自分で復帰させる方法

82379view
3

体臭予防の鍵はシャワーの浴び方? 体臭が発生する原因&対策方法

189425view
4

疲れ目対策にはシャワー! 効果的な温度は何度? 【調査結果あり】

91370view
5

【プロのレシピ】尾田原真二さん「帆立と海老の彩り野菜ゼリーかけ」

27894view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード