家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

2855 view

キッチンにも飾りたい! プロに愛されるフランス「モヴィエルの銅鍋」の魅力

銅は熱を伝えるのが早く、古くから鍋に多用されてきた素材です。火にかけると、その熱が鍋底に素早く伝わります。日本では卵焼き器の印象が強い銅ですが、世界では改めて銅鍋の魅力が見直されています。キッチンジャーナリストの本間美紀さんがイタリア・ミラノのキッチンツールの展示会で出会った「モヴィエルの銅鍋」について取材してくれました。

TOKYOGAS
イタリア・ミラノのあるキッチンツールの見本市に参加したときのこと。ディスプレイで気になったのが銅鍋でした。あるキッチンブランドでは伝統的な銅のレンジフード(換気扇)を、そのままクラフトモダンなキッチンに採用していました。
TOKYOGAS
日本に正式デビューしたのがフランスの「モヴィエル」の銅鍋です。

このお鍋を日本に正式輸入することになったいきさつを伺ってみました。
TOKYOGAS
輸入と卸を手がける会社のご担当者が、現存している「画家モネの自宅」を見学したそうです。美しい睡蓮のある庭を持つその家のキッチンには、当時使われていた「銅の片手鍋」がいくつも壁に掛けられていたそうです。

ご担当者が感銘したのは、使い込まれた銅の美しさ。

どこのブランドだろう。その特長は柄を鍋につなぐ部分にありました。
ぶたの鼻のような雲形のパーツはモヴィエルというブランド、特有のものだそうです。そこから探し当てて、日本に販売することになったそうです。
TOKYOGAS
「モヴィエル」はフランスのノルマンディー州で1830年に創業。
酪農が盛んで、上質のバターやクリームが手に入る土地柄で、昔から料理人や製菓職人が買い付けにくる地域でした。そんなプロのお眼鏡にかなう道具を売ろうと創業したのが「モヴィエル」だったのです。

モヴィエルの鍋は沈没したタイタニック号の厨房から引き上げられたという逸話を持つほど、プロに愛用され、耐久性のある銅鍋です。
TOKYOGAS
銅のお鍋は炎の力を繊細に伝え、砂糖やバターを溶かすのに最適。キャラメルを煮詰めるのに多用されました。

さらに果物をことこと煮ても、色がさめないという大きな利点があります。そこでコンポートやジャムなど、料理の色彩感覚も大切にするフランス人に愛されたのです。

特にベリーなどは赤が鮮やかに出るといいます。ノルマンディーはリンゴの産地でもあり(リンゴ酒のシードルが人気です)、それを煮るのにも多用されたのかもしれません。
TOKYOGAS
ガスの超とろ火に銅鍋を掛けて、ゆっくりと砂糖を焦がしてキャラメルをつくる。想像しただけでも、甘い香りが漂ってきそうです。

キッチンで使う鍋としてのほか、人気があるのはテーブルウェアとしての鍋。ミニチュアの銅鍋で料理を温め、そのまま熱々のお料理を卓上で楽しむ。そんな楽しみ方も注目されています。
TOKYOGAS
またモヴィエルの鍋はきれいな紙に包まれています。再生紙を使っていますが、できるだけ余分な梱包材を使いたくないという、企業哲学の現れだそうです。

使い込んで磨けば磨くほど、鈍い輝きを放つ。そんな銅鍋は一つ、手元においておきたくなりますね。

プロフィール紹介

本間美紀

キッチンジャーナリスト
早稲田大学卒業後、インテリアの専門誌の編集部を経てインテリアやキッチン、暮らしに関する執筆、編集で活動中。日本国内や海外のキッチンライフを取材し、「パーフェクトキッチン」「インターナショナルキッチンAtoZ」ほか、ライフスタイル系キッチンムックを刊行。2010年秋には「ザ・リアルキッチンガイド」を出版。

ブログ:キッチンジャーナル「キッチンのこころ」

あわせて読みたい

【キッチンジャーナリスト取材】炊飯器不要!?「お鍋炊きご飯」がキッチンレイアウトも変える!

2017年09月20日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

自宅に欲しい!【ミストサウナ】の効果5つとおすすめの入り方

136508view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

51493view
3

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

480234view
4

片づけは楽しみながらがコジマジック流! -「収育」のすすめ-

30073view
5

【その電池の使い方NGかも】「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」の違いと使用時の注意点

615155view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード