家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

6542 view

【レシピ】栄養満点!「親子で作ろう!野菜のビーフン」

手軽に作れて野菜もたっぷりとれる栄養満点のメニューです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。「子ども料理教室」で人気の高かったキッズメニューの作り方・コツをご紹介します。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「親子で作ろう!野菜のビーフン」の材料(6人分)

ビーフン・・・200g
ピーマン(赤)・・・2コ
サヤインゲン・・・6本
エリンギ・・・100g
モヤシ・・・200g
レタス・・・100g
豚薄切り肉 ・・・200g
サラダ油・・・大さじ1
ショウガ(みじん切り)・・・1片分
塩・・・少々
コショウ・・・少々
桜エビ(乾燥)・・・10g

[A]
鶏ガラスープの素・・・小さじ2
水・・・300ml
酒・・・大さじ1
オイスターソース・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/3
砂糖・・・小さじ1/2
コショウ・・・少々

ゴマ油・・・大さじ1
炒りゴマ・・・適量

【作り方1】

ビーフンは戻し、食べやすい長さに切ります。

【作り方2】

ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、細切りにします。

サヤインゲンはスジを取って3cm長さに切ります。

エリンギは4〜5cm長さに切り、手でさき、モヤシはひげ根を取り、レタスは一口大にちぎります。

【作り方3】

豚薄切り肉は2cm幅に切ります。

【作り方4】

フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、ショウガを炒めます(中火)。

香りが出てきたら3、塩、コショウ、レタス以外の2の野菜、桜エビの順に入れて炒めます(強火)。

【作り方5】

1、A、レタスの順に加えて汁気がなくなるまで炒めます(強火)。

【作り方6】

ゴマ油を加えて器に盛りつけ、炒りゴマをふります。

「親子で作ろう!野菜のビーフン」のコツ・ポイント

・ビーフンの戻し方は、袋の表示を参考にしてください。

・6人分を1度に作りにくい時は、材料を1/2〜1/3ずつ分けて作るとよいでしょう。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく!

また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。


その他にも、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。
お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2017年01月25日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

184466view
2

【メーカーに聞く】パン粉は常温保存でいいの? 生パン粉・乾燥パン粉の違いとは?

198355view
3

キッチン下に置くのはNG!? 賞味期限は? 季節で変わる【お米の保存期間】と【保存方法】

123681view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

195123view
5

散らかった玄関をすっきりキレイに! 収納王子に学ぶ玄関収納のコツ

12755view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード