家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2017年12月21日
24808 view

【湯たんぽを安全に使うために読む】湯たんぽを使う際の注意点5つ

冷え込む冬に、じんわりとした暖かさが嬉しい湯たんぽ。寝る時に、布団を温めるのに欠かせないという方も多いのでは? でも、湯たんぽは使い方を間違えると危険なことも。安全に使うためにも、使う際の注意事項は確認しておきたいですよね。そこで今回は、湯たんぽを使う際の注意点5つをご紹介します。

【湯たんぽを安全に使う1】お湯の温度について

Retina pixta 13986131 s
PIXTA
湯たんぽの温度は、やけどを避けるために70℃〜80℃が適温だと言われています。高すぎる温度のお湯を湯たんぽに入れると、低温やけどのリスクがあるそうです。

沸騰したお湯は100℃近いので、湯たんぽに適した温度とは言えません。沸騰させた場合は、少し時間をおいて冷ますか、水を入れて温度を下げて入れましょう。

湯たんぽの材質によって適した温度が違うようです。参考にしてみてくださいね。

ポリ湯たんぽ:80℃以下
ゴム湯たんぽ:70℃以下
陶器湯たんぽ:70℃以下

参考:日本看護技術学会誌「湯たんぽによる寝床内温度の経時的変化と
保温範囲」

【湯たんぽを安全に使う2】お湯を注ぐ際の注意点

Retina pixta 13002492 s
PIXTA
お湯はキャップの口元まで注ぐようにしましょう。お湯を入れる量が少ないと、お湯が冷めた時に気圧の変化でキャップが開かなくなったり、変形したりする可能性があるそうです。

お湯を注ぐ際は、周りに人がいないことを確認しましょう。熱いお湯をこぼしたり、飛び散ってしまうと危険です。また、お湯が溢れたりして、塗れてしまっても良い場所で注いでくださいね。

【湯たんぽを安全に使う3】使用時の注意点

Retina pixta 5862996 s
PIXTA
湯たんぽを使用した事故で多いのが「低温やけど」。低温やけどを防ぐため、付属のカバーやタオルで湯たんぽを覆い、湯たんぽが直接体に接する状態での使用は避けましょう。体温より少し高いくらいの、暖かいと感じる温度でも、長時間皮膚と接することで低温やけどが起こる場合があります。

低温やけどが起こる目安の温度と時間は以下の通りです。

44℃:3〜4時間
46℃:30分〜1時間
50℃:2~3分

就寝時に使用する場合は、寝る前に布団に湯たんぽを入れて温めておき、布団に入るときに湯たんぽを出すのがおススメです。万が一使用中に皮膚が変色してしまったり、痛みを感じる場合はすぐに病院を受診しましょう。

参照:消費者庁「湯たんぽでの低温やけどを防ぎましょう」

【湯たんぽを安全に使う4】温め方の注意点

Retina pixta 9762673 s
PIXTA
電子レンジなどを使って温めるタイプの湯たんぽの場合は、温め方を間違えると危険ですので、しっかり注意点を確認しておきましょう。

・電子レンジで温めるタイプの場合
電子レンジの「オート加熱機能」を使うと、過剰加熱してしまうことがあり、破裂や内容物の漏れの原因になります。決められた加熱時間・出力を守りましょう。

・IHヒーターで直接温めるタイプの場合
口金は必ず外して加熱しましょう。口金をつけたまま加熱すると、中の圧力が上がり、破裂や内容物の漏れの原因になります。また、加熱中に口金を外すことも避けましょう。口金を外した途端、勢いよく水蒸気が吹き出す可能性があり、とても危険です。

口金をつけたまま加熱してしまったことに気づいたら、電源を切ってその場から離れ、湯たんぽが冷めるまで待ちましょう。

参考:独立行政法人国民生活センター「電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性」

【湯たんぽを安全に使う5】その他の注意点

Retina pixta 1162005 s
PIXTA
・ファスナー等の金具付きのカバーを使う場合は、使用中に金具に触れないようにしましょう。金具が高温になっている場合があります。

・上に乗ったり、重いものを乗せたり、強い衝撃を与えないようにしましょう。内容物の漏れにつながる可能性があります。

・しっかり蓋がしまっていることを確認してから使いましょう。

・使用中に違和感を感じたら、必ず病院を受診しましょう。

・保管する際は、水を捨てて乾燥させ、キャップを外して湿気の少ない場所で保管しましょう。

おわりに

Retina pixta 1190575 s
PIXTA
今回は、湯たんぽを使う際の注意点5つをご紹介しました。製品によって取り扱い方法が異なりますので、購入時に取り扱い説明書をよく読んで使用してくださいね。湯たんぽを上手に使って、暖かく過ごしてくださいね。

参照:消費者庁「湯たんぽでの低温やけどを防ぎましょう」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

259569view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

209553view
3

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

80375view
4

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

216396view
5

まとめ買いしても大丈夫! 解凍後でもおいしい「お肉」の正しい冷凍保存方法

23631view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード