家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

4827 view

【ダッチオーブンレシピ】あずきふっくら「ぜんざい」

ダッチオーブンでアズキを煮て、ぜんざいを作ってみませんか。コンロでアズキを煮る場合は火加減を気にしながらコトコトと煮ますが、ダッチオーブンなら入れっぱなし&お任せで手間なしです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

Retina mainimage de1000129

「ぜんざい」の材料(8人分)

アズキ・・・200g
水・・・700ml
グラニュー糖・・・約200g
塩・・・ひとつまみ
餅・・・適宜

【作り方1】

アズキは洗って分量の水に一晩浸します。

【作り方2】

Retina 3868 2
1をダッチオーブン又はココットダッチオーブンに入れ、ふたをして加熱します。

加熱時間が終了したらグラニュー糖を加えて混ぜ、ふたをしてもう一度グリル内に入れます(余熱)。

ダッチオーブン調理 加熱30分 余熱約20分

(HR-P873-SULの場合 加熱30分 余熱約10分)

【作り方3】

余熱時間が終了したら、別鍋に移し約4カップの水(分量外)と塩を加えて温めます。

器に盛りつけ、好みでグリルで焼いた餅を添えます。

両面焼き水なしグリル(グリル用プレート使用) 上・下強火4~5分 

※片面焼きグリルの場合
上記(両面焼きグリルの場合)の設定時間の約半分が経過したところで食材を裏返し、様子を見ながら逆の面を焼いてください。片面焼きグリルの場合は両面焼きグリルより全体の焼き時間が長くなります。(コンロの機種や食材によって異なります。)

「ぜんざい」のコツ・ポイント

・余熱とは、消火後そのままグリルの中に入れておくことです。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意してください。

・アズキは浸水しなくても茹でる事ができる豆ですが、ダッチオーブンで加熱する時は浸水した方が上手に茹でられます。

・グラニュー糖を使う事でさっぱりとした甘味に仕上げています。一晩おくとより味がなじみ、おいしく召し上がれます。

・ぜんざいの分量は約8人分です。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、ガスコンロ(ピピッとコンロ)の「グリル」がとっても進化していることはご存知ですか?

アウトドアで人気の「ダッチオーブン」対応のグリルも!


材料を入れた専用「ダッチオーブン」をグリル入れて加熱するだけで、さまざまな本格的オーブン料理を簡単に作ることができます。

素材にじっくり火が通るので、お肉はジューシーに、野菜は甘みが増します。おもてなし料理も手間なく美味しく出来上がります!


ワイルドなお料理だけでなく、お菓子やケーキ・パン作りも!
スイッチオンで、あとは放っておくだけでグリルにおまかせです。


その他にも「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
ダッチオーブンの魅力
東京ガスのレシピTOP

2017年01月12日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【整理収納コンサルタントが教える】子どもが自分で片づけたくなる! おもちゃ収納アイディア・1「片付け場所」

44663view
2

「困った! 瓶の蓋が開かない! 」女性でもできる「かたーい瓶の蓋」開け方のコツ3つ

1370752view
3

【教育研究家に聞く】科学で判明! 赤ちゃんの「人見知り」の原因と9つの対策

67459view
4

小学生にどこまでやらせる!? 片付けの範囲とポイントとは?

24542view
5

【教育研究家に聞く】ベランダやお庭でできる0~5歳の年齢別おすすめ水遊びアイデア

47101view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード