家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

15077 view

「子世帯と同居する? しない?」70代シニアの【暮らしの実態や意識の変化】【東京ガス都市生活研究所】

以前は70代になったら子世帯と同居する人が多かったようですが、徐々に減ってきているようです。若い世帯だけでなくシニア世帯についても核家族化が進展しているんですね。そんなシニア世帯の20年間の変化を捉え、暮らしの実態や意識がどう変わってきたかを「東京ガス都市生活研究所」の調査からご紹介します。

子供と同居する70代は大幅減少

2世帯同居の割合
出典:東京ガス都市生活研究所ミニレポート「70代シニアの変化」

2世帯同居をしている70代以上はたった1割ほど(2014年)。1993年では過半数だったのが大幅に減っています。70代になっても子世帯と同居しない人が増えているんですね。

同居人数が大幅減!? 70代以上の世帯の人数とは?

70代以上の男性の同居人数
出典:東京ガス都市生活研究所ミニレポート「70代シニアの変化」
70代以上の女性の同居人数
出典:東京ガス都市生活研究所ミニレポート「70代シニアの変化」

70代以上の同居人数(自分を含む)を見てみると、男女ともに2人以下という回答が増え、5人以上が大きく減少しています。核家族化が進み、夫婦2人世帯や単身世帯が増えているという状況がわかります。

70代男性も料理を手伝うようになってきている!

70代以上の男性がどの程度料理をするか
出典:東京ガス都市生活研究所ミニレポート「70代シニアの変化」

約20年の間で、70代男性も徐々に料理を行うようになっているようです。
洗濯や買い物などの他の家事でも、同じ傾向がみられました。

夫婦で趣味を楽しむ70代シニアが増加!

夫婦で楽しめる趣味がある
出典:東京ガス都市生活研究所ミニレポート「70代シニアの変化」

「夫婦で楽しめる趣味がある」と回答した人の割合は、70代以上の割合をみると、2014年には半数を超え、夫婦で趣味を楽しむ70代シニアが約20年の間で大きく増加したことがわかります。

おわりに

シニア世代
PIXTA

東京ガス都市生活研究所では、70代になっても、子供に頼らず自分たちで(夫婦2人でまたは単身で)生活している人々を「アクティブシニア」、子世帯と同居するかつてのシニアを「隠居シニア」と名付けました。

70代シニアでは、隠居シニアは消滅する方向にあり、まだまだアクティブで、子供に頼らず、「自分(たち)のペースで生きていきたい」という人々が増えているようですね。

あわせて読みたい

2017年02月14日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

198079view
2

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

933473view
3

ポリエステル生地のメリット・デメリットとは? 素材の洗濯のコツは?

514674view
4

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

578839view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

198286view

おすすめ記事

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

お風呂のカビ掃除はラップでパック! 放置してる間にピカピカに!

【専門家に聞く】介護離職をせず、介護と仕事を上手く両立させるコツとは

何をどのくらい備蓄しておくべき? 防災のプロが教える食料備蓄とは?

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

おすすめキーワード