家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

91821 view

【お風呂のはなし4話】手浴足浴で血行促進

手だけ、足だけでもこんなにポカポカするんです。手軽にできて効果はバツグン。手や足だけお湯につける「部分浴」について、ご紹介します。【監修:東京ガス都市生活研究所】

【4話】 手浴・足浴で血行促進

【お風呂のはなし4話】手浴足浴で血行促進
TOKYOGAS
お風呂に入りたくても入れないとき。入ったのに時間が経って冷えてしまったとき。日中に冷えた体をなんとかしたいとき。手浴、足浴はそんなときの強い味方です。

お湯につけるのは手だけ、足だけですが、温まるのは部分・・・でなく全身なのです。

4話では、手軽にできて効果はバツグン。手や足だけお湯につける「部分浴」についてお話します。

「部分浴のすすめ」

手足には冷えやストレスに関するツボがたくさんあります。また、血管がたくさん通っている場所なので、手浴・足浴をするだけでも体全体が温まります。

【肩こりを緩和する手浴】

手浴の実験結果
TOKYOGAS
上のグラフをご覧ください。指先から肘まで42℃のお湯に20分間つけて実験したものです。
手浴後には、肩の各部位の筋肉が柔らかくなりました。


手浴の方法

大きめの洗面器40~42℃の熱めのお湯をはり、両手を20分ほどお湯につけます。
できれば肘のあたりまでつけてあげると効果的。

肩こりがつらいけどお風呂に入れない・・・という時はぜひ手浴を! 手軽にできるので、日中のひと休みにもおすすめです。

【全身を温める足浴】

寝る前に足が冷えてしまったときはぜひ足浴を。冷え性の人には特におすすめです。


足浴の方法

専用のフットバス、もしくは深めのバケツに40~42℃の熱めのお湯をはり、両足を20分ほどお湯につけます。
できればふくらはぎのあたりまでつけてあげると効果的。最低でも足首のあたりまではつけましょう。

足浴後、すぐお布団に入らない場合は、最後に足先に水をかけましょう。そのままにしておくと、体が熱を下げようとして返って冷えてしまうことも。

おわりに

手足には冷えやストレスに関するツボがたくさんあります。また、血管がたくさん通っている場所なので、手浴・足浴をするだけでも体全体が温まるんですね。

監修:東京ガス都市生活研究所

あわせて読みたい

5話 目覚めには朝シャワー
TOKYOGAS
お風呂のはなし
TOKYOGAS

2017年03月20日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

183102view
2

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない・・・

1143594view
3

体臭予防の鍵はシャワーの浴び方? 体臭が発生する原因&対策方法【東京ガス都市生活研究所】

401160view
4

もし停電したら冷蔵庫の中身はどれくらいもつの? 冷蔵庫の停電対策を知ろう

375652view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

194785view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード