家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

5411 view

【レシピ】豚の生姜焼きで「ごちそうライスバーガー」

グリルで香ばしく焼いた豚肉のしょうが焼きを挟んだライスバーガーです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。「子ども料理教室」で人気の高かったキッズメニューの作り方・コツをご紹介します。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「ごちそうライスバーガー」の材料(6人分)

豚ロース肉(薄切り)・・・200g

[A]
砂糖・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
ショウガ(すりおろし)・・・大さじ1

ゴマ油・・・小さじ1
タマネギ(5mm厚さの輪切り)・・・6枚
赤ピーマン(5mm厚さの輪切り)・・・1コ分
ご飯・・・600g
炒りゴマ(白)・・・大さじ1
サラダ油・・・適量

[B]
醤油・・・小さじ1
酒・・・小さじ1

グリーンリーフ、サニーレタスなど・・・適量

【作り方1】

豚ロース肉は食べやすい大きさに切ります。

Aをよくもみこみ、ゴマ油をからめます。

アルミホイルにタマネギ、赤ピーマン、豚ロース肉を順に重ねてのせ、グリルで焼きます。

両面焼き水なしグリル 上・下強火 10分

【作り方2】

ご飯に炒りゴマを加えて混ぜます。

12等分にし、ラップに包んで丸めます。

手のひらでつぶして直径約8cmの丸形にします。

【作り方3】

フライパンにサラダ油を薄くひき、温度調節機能を200℃に設定して2を焼きます。

焼き色がついたらBを回し入れます。

【作り方4】

グリーンリーフは食べやすい大きさにちぎって水に放し、水気をきります。

【作り方5】

3にグリーンリーフと1をはさみ、器に盛りつけます。

「ごちそうライスバーガー」のコツ・ポイント

・グリルで豚肉と野菜を一緒に焼いてエネルギーを上手に使いましょう。

・アルミホイルは汁が流れ出ないよう、周囲を少し立ち上げます。

・ご飯をフライパンに並べてから点火します。組み立てた後に崩れにくいよう、しっかりと焼き固めます。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実はさまざまな調理に活用できることご存知でしたか?


短時間で庫内温度を超高温に上げることができるため、一気に表面を焼き、肉や野菜の旨みをギュッと閉じ込めることができます。

高温でおいしく焼けるピザやトーストにもおすすめです!揚げもののあたため直しもカリッとジューシーに。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


設定した時間になると自動で消火してくれる「グリルタイマー」機能もついているので、焼き過ぎの心配もなく安心。

「両面焼き水なしグリル」は、面倒な水入れ不要で、ガスの直火で両面同時に焼き上げるから、裏返す手間もありません。


その他にも「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)には、自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能など、自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!

「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
意外なグリルの活用法
東京ガスのレシピTOP

2017年07月21日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

185671view
2

キッチン下に置くのはNG!? 賞味期限は? 季節で変わる【お米の保存期間】と【保存方法】

124957view
3

【メーカーに聞く】パン粉は常温保存でいいの? 生パン粉・乾燥パン粉の違いとは?

198813view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

195452view
5

散らかった玄関をすっきりキレイに! 収納王子に学ぶ玄関収納のコツ

12932view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード