家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

5030 view

【ダッチオーブンレシピ】しっとり「リッチマロンケーキ」

秋のティータイムに上品な甘さのマロンケーキはいかがですか? 生地にマロンクリームを混ぜ込んだ、ラム酒と栗の香りが広がるケーキです。ダッチオーブンならではのしっとり軽めの食感が楽しめます。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「リッチマロンケーキ」の材料(4コ分、8×3×3.5cm 紙ミニパウンド型)

バター(食塩不使用)…60g
砂糖…30g
卵…60g
薄力粉…60g
マロンクリーム…60g
栗の渋皮煮…6コ
ラム酒…適量

【作り方1】

栗の渋皮煮は半分に切ります。

【作り方2】

室温に戻したバターをボウルに入れ、クリーム状にします。

砂糖を数回に分けて加え、すり混ぜます。

【作り方3】

別のボウルに卵を入れ、溶きほぐします。

砂糖を加え、もったりとするまで泡立てます。

【作り方4】

2に3を2回に分けて加え、混ぜます。

【作り方5】

マロンクリームを加え、混ぜ合わせます

【作り方6】

薄力粉をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜ合わせます。

【作り方7】

型に生地を半量入れ、1を3切れずつ並べます。

残りの生地を等分に流し入れます。

【作り方8】

ダッチオーブン又はココットダッチオーブンに入れ、ふたをして加熱します。

ダッチオーブン調理 加熱11~15分 余熱15分
HR-P873-SULの場合 加熱13分 余熱約15分
HR-BV3CR-G7SS、HR-BP3DR-G7SSの場合 加熱15分 余熱約15分
RN-BV3ER-X7SS、RN-BP3ER-A7SSL、RN-BP3ER-X7SS(ココットダッチオーブン)の場合 加熱11分 余熱約15分

【作り方9】

余熱終了後、取り出して表面にラム酒を塗ります。

「リッチマロンケーキ」のコツ・ポイント

・余熱とは、消火後そのままグリルの中に入れておくことです。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意してください。

・熱いうちにラム酒を塗ることで風味も良くしっとりとした仕上がりになります。

・ミニパウンド型は紙製を使用しました。型の素材によって火の通り方が違うので時間を調節してください。


東京ガスのレシピTOP

おわりに

“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、ガスコンロ(ピピッとコンロ)の「グリル」がとっても進化していることはご存知ですか?

アウトドアで人気の「ダッチオーブン」対応のグリルも!


材料を入れた専用「ダッチオーブン」をグリル入れて加熱するだけで、さまざまな本格的オーブン料理を簡単に作ることができます。

素材にじっくり火が通るので、お肉はジューシーに、野菜は甘みが増します。おもてなし料理も手間なく美味しく出来上がります!


ワイルドなお料理だけでなく、お菓子やケーキ・パン作りも!
スイッチオンで、あとは放っておくだけでグリルにおまかせです。


その他にも「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
ダッチオーブンの魅力
東京ガスのレシピTOP

2017年09月16日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

154025view
2

冬、エアコンは〇〇と同時に使うべきだった!?「快眠のプロに聞く正しい使い方とは?

97138view
3

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

152617view
4

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118888view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203554view

おすすめ記事

常温? 冷蔵? 冷凍? 「バナナの保存」のコツとは?

特徴を知って楽しもう! いちごのオリジナル品種を解説

【データで検証! 】みんなどうしてる?「小1の壁」への対策【東京ガス都市生活研究所】

お洒落で簡単! とっておき「バレンタイン」レシピまとめ

冬、エアコンは〇〇と同時に使うべきだった!?「快眠のプロに聞く正しい使い方とは?

おすすめキーワード