家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

4719 view

【レシピ】肉汁ジューシー!「チーズ入りメンチカツ」

二度づけした衣で肉汁を逃さずカラッと揚げたメンチカツです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「チーズ入りメンチカツ」の材料(4人分8コ分)

パン粉(生)・・・1/2カップ(約20g)
牛乳・・・大さじ3
タマネギ・・・1/2コ
スライスチーズ・・・2枚
牛豚ひき肉・・・300g
塩・・・小さじ2/3
コショウ・・・少々
ナツメグ・・・少々
卵・・・1/2コ
マヨネーズ・・・大さじ1

[衣]
 小麦粉・・・適量
 卵・・・適量
 パン粉(生)・・・適量
揚げ油・・・適量

[付け合わせ]
 キャベツ(せん切り)・・・適量
 トマト(くし形切り)・・・適量

【作り方1】

パン粉は牛乳と合わせ、浸します。

タマネギはみじん切りにします。

【作り方2】

スライスチーズは1枚を4等分にし、肉で包める大きさに折ります。

【作り方3】

ボウルに牛豚ひき肉を入れ、塩、コショウ、ナツメグを入れてよく練り混ぜ、卵、マヨネーズ、1を加えて混ぜます。

【作り方4】

3を8等分に分け、2を中心に入れてしっかりと口を閉じます。

小麦粉、卵、パン粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。

【作り方5】

揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、4を揚げます。

【作り方6】

5を皿に盛り、付け合わせを添えます。

「チーズ入りメンチカツ」のコツ・アドバイス

・ピピッとコンロは温度調節機能付きなので、180℃にセットするだけで自動的に油の温度を一定に保ち、カラリと揚がります。

・衣をつける時に卵とパン粉を2度づけすることによって、肉汁を逃さずにジューシーに仕上げることが出来ます。

・そのままでもおいしくいただける塩加減になっていますが、好みでソースなどをかけてもよいでしょう。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく!

また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。


その他にも、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。
お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2017年11月14日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

660201view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

81216view
3

食パンは冷凍保存がベスト! 正しい食パンの保存方法&美味しく焼くコツ

916598view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

963113view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

197977view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード