家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

2484 view

【マルチグリルレシピ】「キャラメルリンゴのケーキ」

バターケーキにキャラメルリンゴをのせたアップサイドダウンケーキです。キャセロールに流し入れて大きく焼き上げ、ボリューム満点の仕上がりです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「キャラメルリンゴのケーキ」の材料(1台分)

≪キャラメルリンゴ≫
リンゴ・・・2コ(約500g)
グラニュー糖・・・80g
バター(食塩不使用)・・・30g

≪生地≫
バター(食塩不使用)・・・130g
グラニュー糖・・・130g
卵・・・130g

[A]
薄力粉・・・130g
ベーキングパウダー・・・小さじ3/4

【作り方1】

キャラメルリンゴを作ります。

リンゴは皮をむいて12等分のくし形に切ります。

【作り方2】

フライパンにグラニュー糖と水小さじ2(分量外)を入れて火にかけます(中火)。

グラニュー糖が溶けてキャラメル色になったら、バターを加えて溶かします。

【作り方3】

2に1を加えてキャラメルをからめるようにしながら、リンゴの周りが少しやわらかくなるまで加熱します(中火強)。

【作り方4】

クッキングシートを敷いたキャセロールに3を並べて粗熱を取ります。

【作り方5】

生地を作ります。

ボウルにバターを入れてやわらげ、グラニュー糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜます。

卵を少しづつ加えてよく混ぜ、合わせたAをふるい入れて混ぜ合わせます。

【作り方6】

4に5を流し入れて平らにし、ふたをして焼きます。

   マルチグリル「調理モード パン」 約20分

焼き上がったら取り出し、粗熱を取ります。

【作り方7】

上下を返し、食べやすい大きさに切り分けます。

「キャラメルリンゴのケーキ」のコツ・ポイント

・キャラメルリンゴを作る時は、火を弱めすぎるとリンゴから水分が出るので、中火強で加熱してください。

東京ガスのレシピTOP

おわりに


今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。

今、「ガスコンロ」のグリルがとっても進化しているのをご存知ですか?


最新のコンロの「マルチグリル」は“焼き網”がなく、セラミックコーティングのグリル用専用容器だけなので、お掃除、お手入れも簡単!


グリル内の上下の進化したバーナーで、火加減を自動で調整し、「焼く」だけではなく、「煮る」「蒸す」「ノンフライ」など従来のグリルではできない幅広い調理が可能です。


その他にも自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能など、「ガスコンロ」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!

「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
マルチグリル
東京ガスのレシピTOP

2018年08月05日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

136079view
2

【レシピ】お手軽「かぼちゃとシメジのチーズリゾット」

26761view
3

【プロのレシピ】横田秀夫さん「クレープシュゼット」

27432view
4

【レシピ】ポリ袋で「えのき入り鶏団子と小松菜の味噌汁」

25068view
5

【マルチグリルレシピ】定番の一品!「茶碗蒸し」

20896view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード