家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

3511 view

消費税10%に! 増税で住宅の消費税はどうなる? 経過措置についてもご紹介

2019年の10月から、消費税が8%から10%に上がる予定となっています。新築・建て替え・リノベーションなど、住宅取得に関しては設計料や工事金額が高額なだけに、増税の影響が大きくなりますね。増税の影響を避けるには、いつまでに契約し、いつまでに引き渡しを受ければ良いのでしょうか? 経過措置も含めて詳しくご紹介します。【協力:リビングデザインセンターOZONE】

消費税が8%から10%に! 住宅購入時の消費税はどうなる?

建築中の住宅
PIXTA
2019年の10月から、消費税が8%から10%に上がる予定となっています。住宅取得に関しては設計料や工事金額が高額なだけに、増税の影響が大きくなります。

以前5%から8%に上がった時にも、駆け込み需要で建築業界は大変な騒ぎとなりましたので、今回も「どうせ建てる予定ならば増税前に!」 とお考えの方々がいらっしゃると思われます。

いつ契約すれば増税を免れる? 住宅の消費税の経過措置は?

契約書にサインをする
PIXTA
では、いつまでに計画したら増税を免れるのかといえば、勿論2019年9月末日までに住宅工事の引渡しに際して、工事請負金額の支払いが完了すればよいのですが、建築という特殊性から2019年3月末日までに工事請負契約を合した場合には、工事に時間がかかり引渡しが10月を過ぎたとしても8%が適用されるという経過措置があります。

一方、4月以降に契約しても工事期間が短く9月中に引渡しが出来そうなハウスメーカーに人気が集中してしまうかもしれませんが、ハウスメーカー側も4月以降の契約のお客様には確実に9月中に完成するというお約束ができない旨をアナウンスしています。

3月末には、前回同様の工事請負契約ラッシュが予想されますので、最終日は夜まで契約が続くという事も予想されています。
契約と引き渡しの時期によって消費税が変化する様子
※ただし、契約後に追加工事が発生し10/1以降の引き渡しとなった場合、追加分の費用に対しては10%適用となります。

OZONE
前回(消費税5%→8%時)は、最終日までにとりあえず全部を多めに盛り込んだ契約をして、その後にいらないものは契約から外してゆくという手法を駆使していた人もいました。

あとで追加した場合にはその追加部分だけ増税後の消費税がかかってくるからですが、そのような大慌てな契約はお勧めできません。設計内容が固まらないのに慌てて契約するのは後々後悔する結果ともなりかねません。納得のゆく打合せをしてから契約をしましょう。消費税分の節約をするつもりが、一生後悔する家に住み続けることになってしまうかもしれません。

住宅購入に関する消費税の増税Q&A

Q)消費税アップの前に家を建てられますか?

A)これからスタートする場合は2019年3月末日までに設計をまとめ契約しなければならず、注文住宅の場合は難しいと考えられます。

建売住宅(お引渡しが2019年9月30日までなら8%)を購入するのであれば可能かと思います。
Q)消費税アップ前にリノベーションすることはできますか?

A)基本的には、リノベーションも新築の場合と同じです。お引き渡しが2019年9月30日までなら8%です。規模にもよりますが、設計も工事も新築より短いことが多いので、今から動けば間に合う可能性が高くなりますが、混んでくることも予想されます。

(2019年2月現在。内容は状況により変更になる場合があります。)

『リビングデザインセンターOZONE』では住まいに関するお役立ちセミナーを多数開催!

『リビングデザインセンターOZONE』では住まいに関するさまざまなセミナーを開催しています。

「戸建てとマンション、どちらが安いの?」「新築と中古、マンション購入はどちらが良い?」など人気のセミナーも多くございます。
ぜひセミナー開催予定をチェックしてみてくださいね。

他にも、「家のリフォームについて知りたい」「素敵なインテリアにするには?」などさまざまな疑問に応えてくれますよ。
OZONE
OZONE
また『リビングデザインセンターOZONE』では、家づくりサポートメニュー「OZONE家design」をご提供しています。

戸建住宅を建てるお手伝いだけではなく、リノベーションのサポートも行っています。建築家・工務店・ハウスメーカー・リフォーム会社などの依頼先をご紹介したり、完成までをサポートします。

『リビングデザインセンターOZONE』とは

OZONE入り口
OZONE
『リビングデザインセンターOZONE』は、新宿パークタワーの3~7Fに展開する「住まいとインテリアの情報センター」。

家具や生活用品、住宅設備、建材まで、個性豊かなショールームとショップ、住宅デザインの書籍や製品カタログを集めたライブラリーなどの情報フロアで構成されています。

毎日を快適に、暮らしが楽しくなるような住まいの実現に向けて、セミナーやワークショップ等のほか、コンサルティングを重視した専門家による家づくり支援やインテリアデザインのプログラムを実施しています。是非、お越しください! ​


リビングデザインセンターOZONE
◆住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
◆電話番号:03-5322-6500(代)
◆営業時間:OZONE 10:30~18:30
◆休館日:水曜日(祝日除く)・夏期・年末年始
※ザ・コンランショップ 新宿本店、OZONEパークサイドオフィスは休館日が異なります。

おわりに

増税後の負担増を軽減する政策もあります。贈与税や住まい給付金も実行されるかと思いますので、そういった政策を上手く利用して、その後の家族の思い出を豊かに演出する住まいを確実に手に入れていただきたいと思います。

2019年02月26日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

183244view
2

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

194833view
3

【メーカーに聞く】パン粉は常温保存でいいの? 生パン粉・乾燥パン粉の違いとは?

197970view
4

キッチン下に置くのはNG!? 賞味期限は? 季節で変わる【お米の保存期間】と【保存方法】

123498view
5

散らかった玄関をすっきりキレイに! 収納王子に学ぶ玄関収納のコツ

12650view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード