家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

8972 view

【レシピ】野菜や豚肉たっぷり「ちまき風炊き込みおこわ」

豚肉や野菜がたっぷり入った具だくさんの炊き込みおこわです。干しエビの旨味が決め手です。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「ちまき風炊き込みおこわ」の材料(4人分)

もち米・・・1と1/2合
干しシイタケ・・・3枚
干しエビ・・・10g
水・・・250ml
豚肩ロース肉(塊)・・・80g

[A]
 醤油・・・小さじ1
 酒・・・小さじ1

茹でタケノコ・・・50g
長ネギ・・・1/2本
サラダ油・・・大さじ1/2

[B]
 酒・・・大さじ2
 醤油・・・大さじ1
 コショウ・・・適量
 砂糖・・・小さじ1
 鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2

【準備】

干しシイタケと干しエビは分量の水で戻します。

【作り方1】

もち米は洗って水(分量外)に1時間程浸け、ザルに上げます。

【作り方2】

豚肩ロース肉は1cm角に切り、Aで下味をつけます。

干しシイタケ、茹でタケノコは1cm角に切ります。

長ネギは1cmの小口切りにします。

干しエビは粗く刻みます。

【作り方3】

鍋にサラダ油を熱し、干しエビと長ネギを入れてじっくり炒めます(弱火)。

豚肩ロース肉と干しシイタケ、茹でタケノコを加えて炒め(中火)、Bと戻し汁を加えます(強火)。

ふたをし、沸騰したらコンロ調理タイマーを10分に設定して煮ます(中火弱)。

【作り方4】

3をザルに上げ、具と煮汁に分けます。

煮汁は水を足して200mlにします。

【作り方5】

専用炊飯鍋にもち米と粗熱のとれた4を入れ、自動炊飯機能で炊きます。

【作り方6】

炊き上がったら全体を混ぜて蒸らします。

「ちまき風炊き込みおこわ」のコツ・ポイント

・もち米は浸水不足では芯のある炊き上がりになり、浸水しすぎるとやわらかくなり過ぎてべたっとした食感になるので注意してください。

・具材が煮上がったら、熱いうちに汁から引き揚げます。汁の中で冷ますと具材に汁が戻り、炊いたとき具材が濃くご飯は薄い味になります。

・蒸らしに入るときにひと混ぜすることで、均一に火が通ります。炊き上がった時に芯があるようであればひと混ぜしてください。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。

お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2019年04月13日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【裏ワザ】お風呂の厄介な汚れ「水垢」をしっかり落とす掃除方法

565030view
2

「どっちが表? 裏?」アルミホイルの知らないと損する【役立つ&意外な活用術】10選

608177view
3

子どもが安心してお留守番できる!? コミュニケーションロボット“BOCCO”利用者の感想は?

49759view
4

自宅で手作り! お手軽「ようかん」レシピまとめ

32767view
5

家飲みにぴったり!「居酒屋風おつまみ」レシピまとめ

31473view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード