家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

238 view

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

保温や保冷が可能なステンレスの水筒。学校生活やオフィス、アウトドアのシーンなどまで幅広く使用されていますよね。きちんとお手入れして清潔に使うために、ステンレスの水筒の正しい洗い方と意外とやってるNG行動をご紹介します。

ステンレスの水筒の洗い方、見なおしてみましょう

PIXTA
学校から職場、行楽までいろんなシーンで活躍することの多いステンレスの水筒。保冷保温にすぐれ、適度な重さで携帯するのにも便利ですよね。
しかし正しい洗い方をしないと、水筒自体が傷みますし、なにより清潔に飲み物を携帯するのに不安が残りますよね。
今回はステンレスの水筒の洗い方、やってしまいがちなNG行動を改めて確認してみましょう。

【ステンレス水筒の洗い方】洗う際に用意するもの

PIXTA
スポンジ、中性洗剤、ぬるま湯の3つがまず必要です。
それぞれ細かくご説明します。

スポンジなど洗う道具

できれば柄のついた長めのスポンジがおすすめ。ボトル用のスポンジがあればそれが最適です。

・長めの柄のスポンジが無い場合は、食器用スポンジを菜箸ではさみ、輪ゴムなどでとめたものでも良いでしょう。

・アクリルスポンジもおすすめで、菜箸の先にアクリル毛糸を巻きつけたものは蓋などの細かいパーツに使うのにも最適。

・フタ部分やパッキン部分などは綿棒を利用するのも一つの手です。部位の素材にあわせて洗う道具も変えていきます。

洗剤

ステンレス部分を洗うには、中性洗剤を選びましょう。ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたものなどを使用するのもおすすめです。
蓋やパッキンの部分の洗浄には中性洗剤、つけおき洗いには酸素系洗剤が良いでしょう。

道具・洗剤選びのNG行動

硬めのスポンジやブラシ、たわしなどは傷がつきやすいので避けましょう。傷がつくとその部分に雑菌が増殖する恐れが。
ステンレス部分に塩素系漂白剤を使用するのはNGです。サビの原因になりうるので注意してください。

ステンレスの水筒の洗い方

PIXTA

ステンレスのボトル部分

強くこすらない様にやさしく洗うのがポイント。よくすすぎ、外側は乾いた布ですぐに拭くようにし、内側は逆さまにして水をきってからよく乾かします。
すすぎにお湯を使用すると、水切れもよく乾きも早くなります。

パッキンや蓋部分

細かいパーツなどもあるので、洗う時になくさぬよう、お茶碗サイズの小さなざるの中で洗うのがおすすめ。
そのまま水切りをできますし、まとめて乾かす際にも役立ちますよ。

洗う時のNG行動

スポンジを使用していても、ゴシゴシとこすると細かい傷がつき、痛み、劣化の原因になります。
すすぎ残しも部位を傷める原因につながるので気をつけましょう。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

662017view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

82684view
3

食パンは冷凍保存がベスト! 正しい食パンの保存方法&美味しく焼くコツ

917874view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

964216view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

198946view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード