家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

39222 view

アルカリとマンガンどっち? ガスコンロに使う乾電池の種類や交換目安、交換方法

ガスコンロの多くの機種は点火に乾電池が使われています。ガスコンロの火がつきづらい原因は、乾電池が古くなっているせいかもしれません。ガスコンロに使う乾電池の種類や交換目安、交換方法を確認しておきましょう。

ガスコンロに使う乾電池の種類

乾電池
PIXTA

ガスコンロに使える乾電池には、アルカリ乾電池とマンガン乾電池の2種類あります。どちらか一方が使えないという訳ではありませんが、ガスコンロにはアルカリ乾電池の方が適していると言えます。

◯アルカリ電池の特徴
パワーと容量が大きく、マンガン乾電池の約2〜5倍長持ちします。大きな電流を必要とする機器に適した乾電池です。

◯マンガン電池の特徴
アルカリ乾電池よりパワー面で劣りますが、「休み休み使うと電圧が回復する」という特徴があります。大きな電流を必要とする機器には向いていませんが、微弱な電流でよい機器や休み休み使う機器には適した乾電池です。

ガスコンロに使う乾電池の交換目安

ガスコンロの乾電池
uchicoto

ガスコンロに使う乾電池の交換は、「使用期間が6ヶ月〜1年を超えた辺り」を目安にしてください。

ガスコンロに使う乾電池の交換方法

乾電池のセットのしかた
出典:https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/kiki/use_conro.html

乾電池のサイズや向きを確認してから交換しましょう。

機種によって乾電池の位置は異なりますので、乾電池の場所が分からない方は取扱説明書でご確認ください。

おわりに

ガスコンロの点火の調子が悪いと感じている方は、いきなり修理を検討するのではなく、乾電池の交換を試してみてくださいね。

ガス機器故障時の修理や買い替えを保証する安心サービス

ガス機器スペシャルサポート

ガス機器は故障すると日常生活に大きな支障が出るもの。備えがあると、いざという時も安心です。

東京ガスの「ガス機器スペシャルサポート」※は、保証内容の手厚さが好評。

※東京ガスのガス供給エリア(東日本ガス地区、東彩ガス地区・日本瓦斯(ニチガス)真岡地区は除く)にお住まいで、かつ東京ガスと家庭用のガス小売契約を締結しているお客さまが対象となります。

2019年08月18日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

196086view
2

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

932494view
3

ポリエステル生地のメリット・デメリットとは? 素材の洗濯のコツは?

513908view
4

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

578539view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

197817view

おすすめ記事

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

お風呂のカビ掃除はラップでパック! 放置してる間にピカピカに!

【専門家に聞く】介護離職をせず、介護と仕事を上手く両立させるコツとは

何をどのくらい備蓄しておくべき? 防災のプロが教える食料備蓄とは?

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

おすすめキーワード