家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

30226 view

トイレ・洗面所の大掃除をプロのハウスクリーニングに託してみたらすごかった!

気がつくと汚れているトイレや洗面所。いつもの掃除をしてもなんとなくスッキリしないのは「見えない汚れ」が原因かも!? なにかと忙しい年末、大掃除はプロの力に頼るのが一番・・・ということで、イオングループのハウスクリーニングサービス「カジタク」の「トイレ・洗面所」プランを利用してみました!

【トイレや洗面所】自分で落としきれない薄汚れた箇所やニオイが気になる!

プロによる掃除前のトイレと洗面所
uchicoto
毎日使うトイレや洗面所。それなりにキレイに使っているはずなのに、なんとなくスッキリしない。落としきれない薄汚れやニオイが気になる・・・。そんな悩みはありませんか?

トイレや洗面所はその独特の形状から手の届きにくいところが多く、水はねも多い場所。尿石(尿が固まった状態のもの)や、水垢・石けん垢など、生活から出る汚れが少しずつたまってしまいます。

そこで今回は、イオングループのハウスクリーニングサービス「カジタク」で「トイレ・洗面所クリーニング」(12,000円+税)にお掃除を依頼! お手入れしにくい場所の、お手入れしづらい汚れを、90分かけてプロがすみずみまで清掃してくれるサービスに密着してみました。

【ハウスクリーニングの特徴】プロのハウスクリーニング、最初はカウンセリングから

ハウスクリーニングのカウンセリングの様子
uchicoto
WEBから予約を入れ、いよいよ当日。ドキドキしながら待っていると「ピンポーン!」と現れたのは、爽やかな男性スタッフでした。
持参した紙スリッパにサッと履き替えるスタッフさん
uchicoto
失礼します、と、持参した紙スリッパにサッと履き替えるスタッフさん。こういう細やかな配慮がうれしい!

まずはカウンセリング。気になる箇所やいつものお掃除の頻度などを伝えながら、今日のざっとした流れの説明を受けます。その情報をタブレットに入力していくスタッフさん。次回に申し込む際は、この「カルテ」がベースになるので事前打ち合わせもスムーズです。

ここまで、わずか数分。

90分間という限られた時間を少しも無駄にしないプロ意識がすごいのです!
洗面所の汚れで気になる場所を伝える
uchicoto
トイレの汚れで気になる場所を伝える
uchicoto
トイレと洗面所をそれぞれ確認。気になる場所を伝えながら、汚れの度合いをチェックしていきます。

スタッフさん「パッと見た感じのこびりつきは少ないですが、引越しされてから一度も掃除をしていない箇所は、やはりそれなりにホコリや水垢がたまっているみたいですね。今日はそちらを重点的にお掃除します」

90分間の時間配分は、説明やチェックに5〜10分、トイレが40分、洗面所が40分といったところ。汚れ具合によって異なるそうです。

さて、いよいよプロのハウスクリーニング開始です!

【トイレクリーニング】酸で尿石を溶かし、中性洗剤でキレイに仕上げる!

戸棚を撮影する
uchicoto
便器周りだけでなく、トイレのすみずみまでクリーニングしてくれるスタッフさん。
まずは戸棚のものをすべて出し、掃除しやすい状態にしてから、ホコリひとつない状態に仕上げていきます。

戸棚の中身は元通りに戻すため、事前に写真で記録。画像は作業後に消去してくれるので安心です。

割れ物など大切な物は、依頼主が先に撤去しておくといいですね。事前に片付け作業を済ませておくと、その分、クリーニング作業に時間を割いてもらえます。
便器内部の掃除
uchicoto
お掃除のプロが使う洗浄剤(酸性)を便器内部の全体にスプレー。汚れにしっかりと洗剤を塗布できるよう、ゴム手袋で直接、便器全体に洗剤を塗り広げます。4~5分で、カチカチに固まった尿石がふやけて溶け出してきました。

スタッフさん「こちらのトイレは一体型なので外せませんでしたが、通常は外せる部品はすべて外してから清掃します。シャワートイレや暖房便座などは、ほとんど外して清掃します」
暖房便座を外して清掃する
KAJITAKU
通常手が届かない場所まで清掃することで、ニオイもすっきり。後付けタイプの暖房便座の多くは、便座が簡単に外せるそうです。

年数を経た住まいで、どんなにトイレをキレイにしてもニオイが気になる…と悩んでいる方は、便座を外して掃除をしてみるといいかもしれません。
トイレ掃除の様子
uchicoto
強力な酸性洗剤でふやかした汚れを、コシのある毛足の長い隙間ブラシでこすり落としていきます。さらに、汚れが落ちたかどうかを鏡でしっかりチェック。数分でピカピカになりました!

洗剤を洗い流したあとは、細部のクリーニングへ。ここもプロの技が光ります。
シャワートイレのノズル清掃
uchicoto
シャワートイレのノズルは、汚れの度合いに合わせてスポンジの硬さを変えます。カルキが固まってこびりついていたので、硬めのスポンジに中性洗剤をつけてこすり落とします。

無駄のない動線がプロの技!

便器以外のトイレ内の掃除
uchicoto
ホコリがたまりやすいペーパーホルダーやスイッチ類のまわりは、中性洗剤を薄めた洗剤液で。そのまま、手洗い器の掃除にも取り掛かります。手洗い器も同じく洗剤液でしっかり汚れをこすり取り、すぐさま吸水性の高い乾拭き用タオルで拭き取り。両手を同時に使って拭き上げていくのは、まさしくプロの技!

動線にも無駄がありません。スイッチ、ホルダー、手洗い器、床、壁と、同じ洗剤を使う箇所は、まとめて一気にクリーニングしていきます。

スタッフさん「手洗い器は長年のホコリや水垢がこびりついて汚れていることもあります。今回はそこまでの汚れではなかったので使っていませんが、酸性洗剤で汚れを溶かして落とす場合は、最初に行います」
ドアの上部もきれいに拭き上げる
uchicoto
換気扇を常時つけている家庭も多いため、空気が出入りするドア周りは汚れがたまりやすい箇所。普段は見えないドアの上部もきれいに拭き上げていきます。
換気扇のフタを外してホコリを取る
uchicoto
換気扇もフタまで外してホコリ取り。内部のファンの洗浄は別料金となるそうですが、フタ周りまではプラン内で清掃してもらえます。「引越し以来外したことがない!」という方も多い換気扇。内部ファンの分解のオプション(別料金)もつけると良いかもしれませんね。
便器の内側のハウスクリーニングBefore&After
uchicoto
目に見えない汚れまでピカピカに。これは気持ちいいですね。

【洗面所クリーニング】外せる部品はすべて分解! 細部までスッキリ

ハウスクリーニングの道具
uchicoto
トイレが終わったら次は洗面所です。こちらで使っていたのは、これらの道具たち。ポイントは右上の金属製ヘラ。このヘラを使って、通常は手が届かないような細部の汚れを拭き取っていきます。
洗面所の隙間掃除
uchicoto
中性洗剤を薄めた洗剤液にひたしたタオルで、ヘラを包み込んで隙間掃除。潜んでいたゴミやホコリがさっそく出てきました。
オーバーフローのクリーニング
uchicoto
水抜き用のオーバーフロー(写真)も、分解できる限界までバラバラにしてクリーニング。外側からはキレイに見えていましたが、カビ汚れがこんなにたまっていました!
蛇口周りの掃除
uchicoto
カルキ汚れが付着しやすい蛇口周り。お掃除のプロ用の洗浄剤を使い、固まった汚れをふやかしてから、手早くスポンジタオルで汚れを落としていきます。傷が残らないよう、力をこめつつもソフトに拭くのがポイントだそう。

スタッフさん「ハウスクリーニングで一時的にきれいになっても、表面に細かな傷がついてしまうと、むしろ汚れやすくなる原因を作ってしまいます。こすりすぎないことには細心の注意を払っています」
やさしく、細部まで汚れをこすり落とす
uchicoto
そっとやさしく、細部まで汚れをこすり落としていきます。
洗面所の換気扇掃除
uchicoto
ホコリがたまって残念な状態になっていた洗面所の換気扇。24時間換気の洗面所や、洗濯乾燥機をよく使うご家庭は特にホコリがつきがちです。こちらも外してキレイに。

ちなみに表面のクリーニングはセット料金に含まれていますが、外してのクリーニングはオプションで別料金となります。ハウスクリーニングを頼むなら、ついでにこのオプションも付けると良いですね。かなりスッキリしますよ。

排水口のカビ・ぬめり取りは、水を使う作業のあとに!

洗面ボウルやオーバーフロー、蛇口周りや換気扇など、水を使った細部の清掃が終わったら、排水口のカビ・ぬめり取り。洗面所の掃除となるとつい真っ先に手を付けてしまいそうな箇所ですが、プロはこのタイミングで行います。
排水口に漂白剤を塗布
uchicoto
全体に漂白剤をしっかりと塗布。こちらは市販のものでした。

スタッフさん「ご家族の体に直接ふれるところには、市販されている安全な薬剤を使うというのが私たちのこだわりです。汚れを落とすだけでなく、日常のお手入れもしやすくすることを考えて、なるべく特殊な道具や洗剤を使わず、家庭にあるような市販のものを使ってキレイにすることを心がけています」

排水口を漂白剤で浸け置きしている間に、水を使わない他の箇所の掃除を進めていきます。さすが、無駄がない!
洗面台周辺の掃除
uchicoto
手垢や水垢でくもっていた鏡は、中性洗剤を薄めた洗剤液でピカピカに。蛇口のつなぎ目はヘラで汚れをかき出し、キレイに。
排水口のキャップを磨き上げる
uchicoto
カビ取り剤が浸透した10分後、排水口のキャップを外して細部を磨き上げていきます。ブラシは、コシのある毛足の長いものが使いやすいそう。
蛇口のハウスクリーニングのBefore&After
uchicoto
蛇口に顔が映るくらい、すっきりピカピカ。「見えない汚れ」が取り除かれ、洗面所の空気もさわやかになりました!

年末の大掃除はやっぱりプロを頼って正解!

ハウスクリーニングの様子
uchicoto
ハウスクリーニングと聞くと、なんとなくセレブで敷居が高いイメージがあるかもしれません。でも、時間をフルに効率よく使う無駄のない動き、「見えない汚れ」を見逃さない細やかな仕事ぶり、そしてこの仕上がりを見ると、やっぱりプロに頼って大正解!! 

東京ガス経由で「カジタク」のハウスクリーニングを申し込むと、10%オフの特典も!
東京ガス経由で「カジタク」のハウスクリーニングを申し込むと10%オフ!
TOKYO GAS
あわただしい時期を笑顔で乗り切り、笑顔で新しい年を過ごしたいものですね。

今回ハウスクリーニングをしてくれたプロは

押江将さん
uchicoto
押江将さん
カジタクお客さまサービス部サプライヤーサポートチームに所属。
2016年1月に入社し、ハウスクリーニングだけでなく、家事代行も担当。
お客様からの評価も高く、現場での経験を生かし、現在はスタッフの管理や育成を行う。

長身を生かしてキビキビと部屋全体を磨き上げてくださった押江さん。現在は現場でクリーニングを続けるかたわら、スタッフの管理・指導などサービス向上に関わる幅広い業務にあたっています。

実は、実業団野球の経験者! パワーと繊細さの両方を求められるハウスクリーニングの仕事は、自分にピッタリだと感じているそう。「大好きなおばあちゃんが一度ハウスクリーニングを頼んでくれて、“人に喜んでもらえるいい仕事をしているね”と喜んでくれたのが、何よりうれしかったです」と、笑顔をほころばせながら話してくれました。

おわりに

トイレや洗面所はカビや水垢などの頑固な汚れが多く、自分では対処し切れないことも多いもの。一度プロに頼んでみるのもオススメです。

2020年01月13日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

寝ても疲れが取れない・・・睡眠の質を高めるコツはお風呂の入り方にあり!

22160view
2

【レシピ】「春野菜いっぱいクリームコーンパスタ」

22503view
3

もう失敗したくない! サンドイッチを「おいしく作るコツ5つ」&「お弁当用レシピまとめ」

363884view
4

ホワイトデーにぴったり!「小さな焼菓子」レシピまとめ

23535view
5

【花粉症の方必見! 】洗濯物の花粉対策・洗濯時や干す時のコツとは?

89907view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード