家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

1800 view

読み聞かせアプリの英語絵本、バイリンガルママと英語が苦手なママが試したら?

小さい頃から英語に慣れさせたい・・・そんな親子に人気なのが英語絵本。絵もあり文章もシンプルなので、楽しみながら学ぶことができます。最近は音声で読み聞かせしてくれるアプリも増えていますが、実際どうなのでしょうか。東京ガスが運営する読み聞かせアプリサービス「みいみ」の英語絵本を、バイリンガルのママと、過去まったく英語絵本に触れたことのない親子が、それぞれ試してみました。

読み聞かせアプリ「みいみ」に英語コンテンツが登場!

「みいみ」の英語コンテンツ
miimi
「みいみ」は、70冊以上(※)の絵本の読み聞かせ音声が楽しめるスマートフォンアプリ。オーディオブックの配信サービスを行う株式会社オトバンクと東京ガスが共同で開発し、プロのナレーターによる読み聞かせコンテンツを配信しています。(※2020年11月現在)

【「みいみ」の関連記事】
絵本の読み聞かせがグレードアップ! スマホアプリ「みいみ」がスゴイ!!
【体験レポ】読み聞かせアプリ「みいみ」を使ってみたらスゴかった!!

2020年11月より人気が高かった名作絵本が英語版になって登場しています。

作品は英語字幕+日本語字幕付きの『3びきのこぶた』、英語字幕のみの『はだかの王様』、字幕なしの『うさぎとかめ』の3タイトル。全編英語音声+全ページにイラスト付きで楽しめます。

耳と目で楽しむ英語絵本、2人のママが試してみたら・・・?

日英バイリンガルのママ・yukaさん
uchicoto
今回「みいみ」の英語絵本を試してみたのは、日英バイリンガルのママ・yukaさんと、英語にまったく親しんでいない記者+記者の子どもたち。

yukaさんはお子さんが通う小学校で、英語ボランティアとして学習支援チームに参画していました。英語絵本やさまざまな教材を使って、月2回の特別授業を1年生から4年生まで受け持っていたそうです。今回、英語絵本のアプリを試すのは初めてとのことで、使った感想やメリットを聞かせてくれました。

【バイリンガルママが感じたアプリのメリット1】英語絵本に日本語が併記!

日本語字幕と英語字幕の両方を表示した『3びきのこぶた』
miimi
日本語字幕と英語字幕が両方表示される『3びきのこぶた』を試したyukaさん。「日本語と英語が併記されているのが、とってもいいと思う! こういう本ってなかなか見つからないから・・・」と絶賛しています。

「言葉って、内容がわかっているからこそ耳に入ってくるものだと思うんです。誰が、どんなシチュエーションで、どんなことをやっているのか、きちんと理解してから英語を聞くのはとても大事だと思いますよ」(yukaさん)
yukaさん
uchicoto
yukaさんは小学校の英語ボランティアとして国語の教科書に載っている物語の英語版をよく読み聞かせています。その際、子どもたちは、yukaさんが読み上げる英語文に合わせて、無意識のうちに小さな声で日本語の文章をぶつぶつと暗唱していたそうです。

「毎日宿題で出される音読で、バッチリ覚えていた物語だったんでしょうね。同時通訳みたいに、英語と対応した日本語を暗唱しはじめて、びっくりしました。子どもたちも ”へー! この言葉って、英語だとこんな風に言うんだ”と、いろいろな発見があったようで大喜びでした。よく理解していたお話しだからこそ、英語が耳に入ってきたのだと思います」(yukaさん)

前後の文脈があってこそ英語の語彙は増えていくんじゃないかな・・・とyukaさん。「みいみ」は、英語版と同じお話を日本語の音声で聞くこともできるため、字が読めない小さなお子さんでもあらすじを理解できるようになっています。

【バイリンガルママが感じたアプリのメリット2】正確な英語の発音

子どものみ耳
miimi
「みいみ」の英語コンテンツの音声を聞いて「発音もいいですね」とyukaさん。日本語にはない英語独特の発音がはっきりと発声されていて、聞き取りやすいそうです。

英語では、まず正確な発音に触れ、英語のつづりと発音のルールを学ぶことが上達の近道なのだそう。

「英語のつづりと発音には一定の法則があり、フォニックスと呼ばれています。日本人の子どもがひらがなを50音で覚えるようにネイティブの子たちはフォニックスで覚えるんです。英語の正確な発音に触れ、フォニックスでつづりを覚えると聞き取り力がグッと伸びるんですよ」(yukaさん)

【バイリンガルママが感じたアプリのメリット3】親も一緒に英語を学べる

家族で一緒に楽しむ様子
miimi
「『みいみ』に登場した英語の3作品は、親が英語を学ぶのにもいいですね」とyukaさん。

「どれも有名なお話しで、英語の表現もとてもシンプル。大人はパッと直感的に理解できると思います。英語のセリフはまず親の声で録音してあげると喜ぶんじゃないかな。上手に読めなくたって、間違えたって、全然いい! 親が関わってあげて、一緒に学ぶのがいいと思います」(yukaさん)
yukaさん
uchicoto
yukaさんはふだん、欧米やアジア、オセアニアなど、さまざまな国や地域の人々と日常的に英語で会話をする仕事をしています。チームの多くは、英語が母国語でない人たち。そんな環境にいると「確かさ」よりも「伝えようとする気持ち」のほうが大事ということを痛感するそうです。

「ほぼ全員が間違った英語を使っています(笑)。でもそれで、仕事は進んでいきます。日本人の美徳でもあるけれど、”間違えることは恥ずかしいこと“という価値観や文化は、英語を習得する壁になっていると思います」と、語ります。

親が率先して堂々と読み、堂々と間違えてあげる。親が苦手意識を払しょくできると、子どもも間違えることへの恐れをなくしてくれそうですね。

【英語が苦手なママが感じたアプリのメリット1】声色で子どもが引き付けられる

みいみを楽しむ子ども
uchicoto
ここからは、日ごろから英語を使わない生活を送っている記者の子たち(10歳、6歳)のレビューです。

寝る前のお楽しみとして「みいみ」を日常的に使っているわが家ですが、いつも聞くのは同じ作品ばかり。英語の絵本が出たってよ、と知らせてみましたが、「え~英語なんて難しそう~」と、いきなり先入観を丸出しにして食いつきません。
英語絵本
miimi
それでも聞き始めると、ナレーターの声色にだんだん引き付けられていきます。そしてついに「My, my, my,」とオオカミがおどける場面で大爆笑。

「マ~イマ~イマ~イだって!」
「マ~イマ~イマ~イ!」
「マ~イマ~イマ~イ!」

ほかにも「Well, well」「Nooooooo! Help! Help me!」「Ooooouch」など、表情のついたセリフに食いつき、何度も指で音を戻しながら、きょうだいでケタケタと笑い転げていました。
みいみを楽しむ子どもたち
uchicoto
声を録音する際も、おどけたシーンだとこの笑顔。

英語がわからなくても、プロのナレーターの声色で、おどける場面、驚く場面、ハラハラする場面などをつかむものなのだな・・・と、感心した記者でした。

【英語が苦手なママが感じたアプリのメリット2】ボイスチェンジャーで恥ずかしさが吹き飛ぶ

みいみを楽しむ子ども
uchicoto
ちょっとまとまったセリフを、聞いたまま喋ってみるという難易度高めの楽しみ方にもトライしてみました。

文章を最後まで覚えられず、あやふやな音声を録音することになってしまいましたが、「みいみ」のボイスチェンジ機能でロボットの声に変換してみたら、思いがけず面白い仕上がりになり、恥ずかしさも吹き飛んだようです。
録画画面とボイスチェンジ機能画面
miimi
「みいみ」の楽しい機能の一つ、ボイスチェンジ。物語のセリフを読み上げて録音する際に、ロボットやゾンビ、宇宙人などの声に加工できます。子どもたちの照れや苦手意識を吹き飛ばして、楽しさをプラスしてくれました。

【英語が苦手なママが感じたアプリのメリット3】発音の違いに気づく

みいみを楽しむ子ども
uchicoto
英語の音声を聞きながら「何て言ってるかわかんないけど、プィーってなに?」と質問してくる6歳。

ぶた=ピッグ という英単語は知っていましたが、それはカタカナ英語で、実際にネイティブがPigを発音すると「プィグ」のように聞こえることがわからなかったよう。

「えーっ。ぶたってピッグじゃないの? じゃあピッグって何?」と、難しい質問をしてくる10歳。自分の知っている英語は、英語のようで英語じゃなかった(?)という驚きの事実を発見したようです。

楽しい体験とともに、英語にふれることが重要

yukaさん
uchicoto
英語に親しむツールとして、「みいみ」はいいところがいっぱい、とyukaさん。

「親子で楽しめるっていうのがいいですよね。やっぱり親の笑顔が、子どもの力を引き出すのに一番大切なものだと思う」(yukaさん)

ちょっと不気味なもの、同じ音を何度も繰り返すものなど、子どもを引き付ける英語絵本選びのポイントはいくつかあります。でも、結局は親が一緒に楽しく関わってあげれば、どんなものでも子どもは喜ぶんじゃないかな、とyukaさん。

「学校で習う英語は、テストで採点するための英語。使うための英語とは別物だと割り切って、英語力は日常の中から身に付けていくのがおすすめですよ」(yukaさん)

「みいみ」は初月無料! まずは1か月お試ししてみよう

「みいみ」の絵本選択画面イメージ
miimi
絵本を眺めるときとは一味違った耳からの刺激で、豊かな想像力を養ってくれる「みいみ」。

利用料金は1ヵ月500円(税込)※。利用開始から1ヵ月無料体験ができます。※価格は変更になる場合があります。

新作タイトルも毎月続々と追加予定! 英語絵本も今後まだまだ増えていく予定です。利用開始からすべての機能・すべての絵本を無料で楽しめます。ぜひ英語絵本を「聴く」体験を、親子で楽しんでくださいね。

おわりに

英語と聞くと、つい構えてしまう日本人。できれば小さいうちに「英語は楽しいもの」とインプットしてあげたかったな、と、今回の10歳と6歳の反応を見てつくづく感じました。かわいい絵柄と美しい発音で、英語の世界に楽しくふれられる「みいみ」の英語絵本。ぜひ親子でトライしてみてください。

2020年11月27日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

657074view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

76021view
3

「痛い口内炎をどうにかしたい! 」口内炎の原因と自宅でできる対策とは?

2718590view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

961093view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

196586view

おすすめ記事

お風呂のカビ掃除はラップでパック! 放置してる間にピカピカに!

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード