更新日: 2017年08月03日
176093 view

お風呂の「ピンク汚れ」はカビじゃなかった! ピンク汚れの原因・落とし方・予防法

お風呂でよく見る「ピンク汚れ」何回掃除しても、すぐに新たなピンク汚れが・・・そんな経験はありませんか? 今回は、ピンク汚れの正体は何か、その原因や落とし方、予防法をご紹介します。洗っても洗っても発生するお風呂のピンクの汚れは「カビ」じゃなかった! その正体と対処法とは?

お風呂のピンクの汚れは「カビ」じゃない!?

Retina pixta 21160342 s
水回りはカビやヌメリがすぐに発生しますよね。

ピンク汚れは排水口のまわり、床、シャンプーやリンスのボトルの底、石けん受けの下などによく発生します。発生する場所がカビとほぼ同じことから、カビだと思う人が多いのですが、実は「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビではないのです。

ただし、ピンク汚れは放っておくと黒カビが生えやすくなるので注意が必要です。

お風呂のピンク汚れ「ロドトルラ」の原因は?

Retina pixta 4006741 m
酵母菌「ロドトルラ」はカビより増えるスピードがはやい菌で、洗剤などにも強い菌のため、頻繁に発生してしまいます。

ちょっとこするとすぐ落ちたように見えますが、実は目に見えない菌が残っているのです。そのため、しっかり掃除をしたつもりでもすぐに発生してしまうのです。

また、ピンク汚れやは石けんカスが大好きです。石けんカスが栄養源になり、そこに水分が加わるとすぐに汚れが発生してしまいます。

お風呂のピンク汚れ「ロドトルラ」の落とし方と予防法

414uscrdrjl 出典:http://www.amazon.co.jp/
ピンク汚れを取り除くには、消毒・殺菌です。漂白剤や除菌洗剤でも落とすことは可能ですが、簡単で安心に使えるのは、エタノールです。キッチンペーパーにエタノールを含ませてピンク汚れに付けるだけです。

また、ピンク汚れの防止には、温度と湿度を下げることが効果的。壁に水のシャワーをかけると、温度を下げるのに効果がありますので、掃除したあとは仕上げとして浴室全体に冷たい水をかけましょう。

【お風呂のピンク汚れの予防法】水気を残さない

ピンク汚れは、水さえあれば繁殖していきます。
掃除のあとはタオルで水気を拭き取っておくとさらに良いでしょう。

全体を拭くのが大変ならピンク汚れが発生しやすい所だけでも大丈夫です。
拭き取る時間がない場合はしっかり換気をしましょう。その場合は窓や扉を開けておくと換気扇の効果が失われてしまうので注意が必要です。
Retina tokyogashotdry
浴室暖房乾燥機が付いているお宅は、入浴後に2時間ほどの「乾燥」運転を。浴室暖房乾燥機のないお宅は、「換気扇」をひと晩中回して湿気を取ることをおススメします。

「換気」は空気を入れ替えるだけですが、「乾燥」運転は換気をしつつ温風によって水分を払うので、浴室全体をより確実に、より早く乾燥させることができるのでオススメです。カビやぬめりの発生を抑えることができるので、お風呂掃除の手間をグーンと軽減します。
Retina retina g11605 03ol
上の図は浴室のカビの生え方を比較実験したものです。
「何もしない」浴室にカビが生えるのは当然の事ですが、「換気だけ」していてもカビは生えてきます。それに比べて「浴室乾燥」をすると、すばやく湿気が取り除かれ、カビが生えにくくなることが分かります。

hotdry img

「浴室乾燥」は浴室をカラッと乾いた状態をキープできるので、カビの発生も抑えて浴室のお掃除の手間をグンと減らし、浴室や浴室まわりの湿気による腐食も防げるので、家を長持ちさせるのにも役立ちます。

夜、洗濯と入浴をした場合、就寝中に<洗濯物と浴室>を一緒に乾燥するのも経済的でおすすめです。

1年中「家事楽」に活躍する「浴室暖房乾燥機」については下記リンクをぜひご覧ください。

おわりに

ピンク汚れは落としたつもりでも、実は落ちきっていないことが多い汚れです。ぜひ落とし方を覚えて、頻繁に発生するのを防いでみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107072view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24621view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48735view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19838view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37506view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード