更新日: 2016年11月11日
1348 view

【簡単レシピ】砂糖をまぶしたパリパリの皮とリンゴの甘酸っぱさがたまらない!林檎の揚げラビオリ

パリッと揚げた餃子の皮の食感と中にはさんだ甘酸っぱいリンゴが後を引く美味しさです。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

Retina mainimage de910915

「林檎の揚げラビオリ」の材料(12コ分)

リンゴ・・・1コ(正味250g)
グラニュー糖・・・30g
レモン汁・・・大さじ1
シナモン・・・少々
餃子の皮(大判)・・・24枚
卵・・・適量
揚げ油・・・適量
粉砂糖・・・適量

【工程1】

リンゴは6~8つ割りにして皮と芯を取り、2mm厚さのいちょう切りにします。鍋に入れてグラニュー糖をまぶし、水分が出るまでおきます。

【工程2】

レモン汁を加え、ふたをして火にかけます(中火)。汁気が出てきたら時々混ぜます。コンロ調理タイマーを10分に設定し、やわらかくなるまで煮ます(弱火)。ふたを開けて水分をとばし、火を止めてシナモンを加え粗熱を取ります。
Retina makeimage02 01 de910915

【工程3】

餃子の皮の中央に12等分にした2をおき、周りに卵を塗ります。空気が入らないようにもう1枚の皮をかぶせて周囲を押さえ、菊型で抜きます。
Retina makeimage03 01 de910915

【工程4】

揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、3を薄く色づく程度に揚げます。
Retina makeimage04 01 de910915

【工程5】

器に盛りつけ、粉砂糖をふります。

「林檎の揚げラビオリ」のコツ・ポイント

・リンゴにグラニュー糖をまぶして煮ることで、リンゴから水分が出て早く煮上がります。紅玉やジョナゴールドなど酸味のあるリンゴがおすすめです。
・餃子の皮は直径約9cmの大判を使用しました。

おわりに

Retina 01
今回ご紹介したレシピは「ピピッとコンロ」を活用した、簡単レシピとなっています。

「ピピッとコンロ」には、自動でおまかせの便利な機能がいっぱいだから、「おいしい!」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えます!
Retina 02
「温度調節」機能は、センサーが自動で火加減を調節して、設定温度をキープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらや唐揚げなどの<揚げもの>も、簡単にカラッとおいしく!

また、焦がしたり生焼けが心配なハンバーグや厚焼き卵などの<焼きもの>料理も、センサーまかせで失敗知らず!
Retina 03
そのほかにも、設定した時間になると音でお知らせして自動で消火する「調理タイマー」機能や、お湯が沸くと自動消火してくれる「沸騰自動消火」機能もついていますので、いつもの料理がとってもラクラクに!
Retina 04
そのほかにも、自動で「炊飯」できる機能や、焼き魚だけじゃなく肉や野菜料理もできる「グリル」など、調理をサポートする機能がいっぱい!いつもの料理がとってもラクラクに!

ガスコンロを使いこなせば、調理グッズをたくさん買い揃えるよりも、時短&上手に料理ができますよ!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107162view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24733view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48829view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19918view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37582view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード