更新日: 2018年07月14日
1671 view

【ダッチオーブンレシピ】韓国料理「サムゲタン風スープ」

ダッチオーブンで煮込んだ鶏肉はとても柔らかく仕上がります。本来はひな鶏1羽を丸ごと煮込みますが、手に入りやすい鶏肉の部位を使って仕上げます。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

Retina mainimage de911084

「サムゲタン風」の材料(4人分)

もち米…1/2合
鶏モモ肉…1枚
鶏手羽先…4本
干しシイタケ(戻す )…4枚
ゴボウ…70g

[A]
ニンニク(つぶす)…2片
ショウガ(つぶす)…1片
甘栗…8粒
クコの実…20粒
干しシイタケの戻し汁+水…約600ml
塩…小さじ3/4

塩…適宜
万能ネギ(小口切り)…適量
黒コショウ(粗びき)…適量

【工程1】

もち米は洗って30分以上水につけておきます。

【工程2】

鶏モモ肉は余分な脂を取って4等分にし、鶏手羽先は切り込みを入れます。

【工程3】

干しシイタケは、食べやすい大きさに切ります。ゴボウは3cm長さに切って下茹でします。

【工程4】

ダッチオーブンに2、3、水気をきった1、Aを入れ、ふたをして加熱します。

ダッチオーブン調理 加熱20分 余熱約20分
Retina makeimage04 01 de911084

【工程5】

余熱時間が終了したらアクを取って塩で味をととのえ、器に盛りつけて万能ネギ、黒コショウをふります。
Retina makeimage05 01 de911084

「サムゲタン風」のコツ・ポイント

・ダッチオーブンの加熱方法(オーブン調理)
グリルを点火し、オーブン調理を選択してタイマーを設定します。消火後はそのままグリルの中におきます(余熱)。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意してください。

・ダッチオーブンでの煮込み料理は、火加減調節が不要です。全体を包み込む様に加熱するので肉や具材が柔らかく仕上がります。

・鍋の底にもち米を入れてしまうと、鍋底につきやすくなるのでなるべく他の材料の上に入れましょう。

・Aの水分は吹きこぼれを防ぐために、ダッチオーブンの8分目位の高さになるように注ぎます。

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ピピッとコンロ」を活用した、簡単レシピとなっています。

Gas stove img
「魚を焼く」イメージの強いグリルですが、今ガスコンロの「グリル」がとっても進化していることはご存知ですか?

ピピッとコンロ(一部機種除く)は、アウトドアで人気のダッチオーブン(グリル専用)に対応しています。
グリルにダッチオーブンを入れて加熱すると、煮込み料理や焼きものなど、さまざまな本格的オーブン料理をコンロで簡単に作ることができます。

Gas stove img
ダッチオーブンに材料を入れてフタをしたらスイッチオンで、あとは放っておくだけでグリルにおまかせ!
素材にじっくり火が通るので、お肉はジューシーに、野菜は甘みが増します。おもてなし料理も、手間なく美味しく出来上がります!

また、グリルの余熱も使うことができるので省エネにもつながります。

ダッチオーブンにクッキングシートを敷いて調理すれば、グリル内は勿論のこと、ダッチオーブンもほとんど汚れません。
片付けも簡単で、ラクチン。だから、思う存分お料理が楽しめます。

Gas stove img
ガスコンロ&グリルを使いこなせば、調理グッズをたくさん買い揃えるよりも、時短&上手に料理ができますよ!

(※各画像は調理イメージです。)

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

97515view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

400071view
3

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

79609view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

417769view
5

「あ! やっちゃった! 」ティッシュを洗濯してしまった時の【賢い対処法】

461040view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード