更新日: 2018年07月18日
9217 view

【レシピ】生クリームと「ヨーグルトのクレメ・ダンジュ」

クレメ・ダンジュは「天使のクリーム」という意味のフランス・アンジュ地方のフレッシュチーズを使ったお菓子です。今回はヨーグルトをベースに中にジャムを入れます。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

Retina foodpic7550362

「ヨーグルトのクレメ・ダンジュ」の材料(6人分)

ヨーグルト(プレーン)…500g

≪イタリアンメレンゲ≫
卵白…1コ分

[A]
 グラニュー糖…100g
 水…50g

生クリーム(乳脂肪36%)…100g
好みのジャム(フランボワーズ、ブルーベリーなど)…30g
ガーゼ(20×40cm)…6枚

【準備】

ボウルにキッチンペーパーを敷いたザルをおき、ヨーグルトを入れます。

ラップをして冷蔵庫に入れ、一晩水きりをします(約半分の量になります)。

【作り方1】

イタリアンメレンゲを作ります。

鍋にAを入れて火にかけ、大きな泡が出てくる位(約110℃)まで約5分煮詰めます(中火)。

【作り方2】

ボウルに卵白を入れて泡立てます。

2を細くたらしながら加えて、冷めるまでしっかり泡立てます。

【作り方3】

別のボウルに生クリームを入れて8分立てにします。

【作り方4】

水切りしたヨーグルトに3を加えてなめらかになるまで混ぜ、2を2回に分けてサックリと混ぜ合わせます。

【作り方5】

二重にしたガーゼを器に敷き、5を等分に入れます。

中心をくぼませてジャムを入れ、ガーゼで包み冷蔵庫で冷やします。

「ヨーグルトのクレメ・ダンジュ」のコツ・ポイント

・ジャムは甘さが控えめで酸味のあるタイプのもの、生クリームはヨーグルトの味を引き立てさっぱりとした味に仕上げるためライトタイプ(乳脂肪35〜36%)がおすすめです。

・イタリアンメレンゲのシロップは、直径18cmの鍋で作りました。少量では作りにくいので、多めの分量になっています。メレンゲに加える際、1/2〜2/3量を目安に加えてください。鍋についたシロップをヘラなどでかきとると固まってしまいます。固まったものは加えないようにしましょう。

・ガーゼは1枚を半分にたたんで器に敷きます。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)には自動でおまかせの便利な機能がたくさんあるのをご存知ですか?


自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。

お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外と知らない「そうめん・ひやむぎ」の違い&歴史と「色付き麺」の由来

189413view
2

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

543221view
3

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

452909view
4

放っておくと後で困る・・・お風呂場のドアの掃除方法

467820view
5

「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の差は? 16種類の「日本酒の種類と違い」を解説

326683view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード