更新日: 2017年02月02日
1222974 view

みんながハマる!?つけおきするだけでお風呂場を簡単にピッカピカにする方法

すぐヌメリやカビが発生してしまうお風呂場。鏡や蛇口もすぐに白く汚れてしまってお風呂掃除って大変ですよね? つけおきするだけで簡単に出来るお風呂掃除の方法を紹介します。

重曹を使ってお風呂でつけおき

Retina retina pixta 2844848 m
残り湯に重曹を1カップ入れ溶かします。イスやお風呂の蓋、小物類を全部入れて綺麗にしましょう。一晩つけて軽くこするとピカピカに! バスタブもこの時に一緒に綺麗にしてしまいましょう。

お風呂用洗剤でつけおき

Retina s 20160604113948
残り湯に風呂用洗浄剤を入れます。液体状で1回約数百ミリリットル~、粉状で1回約200-300gなど、1回分ずつ梱包しているメーカーが多いようです。洗浄剤の量とつけ置く時間は製品によって変わるので確認してくださいね。
つけ置く時間について特に指定がなければ、小物類を入れ10分程度待って、つけておいたものをジャブジャブ洗います。スポンジやブラシを使って細かいところを洗ったらシャワーでよくすすぎ、乾いたクロスで水をふき取ります。

シャワーヘッドもお風呂場でクエン酸につけおき

Retina kajimo 178 03
シャワーヘッドは意外に汚れています。クエン酸で落としてみましょう。洗面器などに水を約1リットルほど入れ、クエン酸を大さじ2〜3杯ほど溶かし、シャワーヘッドをつけおきしましょう。3時間ほどたったらブラシなどで細かい汚れをかき出してすすいでください。

蛇口の汚れもクエン酸つけおきでピカピカ!

Retina pixta 19853734 s
蛇口や鏡の白い汚れは水垢が結晶になってしまったもの。これもクエン酸で綺麗に! ちょっと濃い目のクエン酸水で落としましょう。

水約200ミリリットルに小さじ4杯くらいのクエン酸を溶かしてスプレーボトルに入れます。蛇口や鏡などにティッシュを貼ってここにスプレーします。

3時間ほど放っておいたら軽くスポンジなどでこすって(傷がつかないよう気をつけて)洗い流してくださいね。

お風呂場をしっかり乾燥させることで、カビ・ぬめり対策!

Merit02 img heating 01 出典:http://home.tokyo-gas.co.jp/living/bathroom/hotdry/hotdry/merit04.html
掃除後や入浴後は浴室の換気をし、湿気が残らないようにするのも重要です。
浴室暖房乾燥機が付いているお宅は、「換気」より「乾燥」運転をおススメします。

「換気」は空気を入れ替えるだけですが、「乾燥」運転は換気をしつつ温風によって水分を払うので、浴室全体をより確実に、より早く乾燥させることができるのでオススメです。カビやぬめりの発生を抑えることができるので、お風呂掃除の手間をグーンと軽減します。
Retina retina g11605 03ol
上の図は浴室のカビの生え方を比較実験したものです。「何もしない」浴室にカビが生えるのは当然の事ですが、「換気だけ」していてもカビは生えてきます。それに比べて「浴室乾燥」をすると、すばやく湿気が取り除かれ、カビが生えにくくなることが分かります。

おわりに

いろいろなものをつけおき洗いして、その間に他の家事もしてしまいましょう! 時間を有効利用できるのでとても助かりますね。みなさんも試してみてください。

<おすすめ関連記事>

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

使いやすく疲れにくい! 正しい「泡立て器の選び方」

1213view
2

【BBQに! キャンプに! 】クーラーボックスの使い方を正しく知って保冷上手に!

2574view
3

マフラーを洗濯・保管する際に知っておきたい3つのポイント

4559view
4

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

190740view
5

【開栓後は常温保存NG! 】知っておきたい<めんつゆ>の保存について

1344view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード