更新日: 2017年09月29日
4390 view

季節のお風呂:10月『柿湯』肌の明るさがアップ!肌トラブルの気になる季節のスキンケアに!

日本の秋の味覚として多くの日本人に親しまれている「柿」。庭木として柿を愛でる家庭も多く見られますね。季節のお風呂12ヶ月。10月は『柿湯』についてご紹介します。

Retina kakiyu
柿は熟した実が食される他にも多用される有用植物です。未熟な果実を発酵させて作る柿渋は防腐剤となったり、耐水性を持たせるため扇子や団扇の紙の表面に塗られたりしています。

葉はお茶として民間療法に使われる他、殺菌作用から食べ物を包むために使われ、奈良の柿の葉寿司が有名です。ヘタを乾燥させたものを柿蒂(シテイ)といい、生薬としてしゃっくりや鎮咳、鎮吐に用いられます。

<効能> 肌の明るさがアップ!

Retina
柿の葉湯とさら湯にそれぞれ20分間足浴を行い、足浴前と足浴後20分経過後のくるぶし部分のL値(肌の明るさを示す指標)を比較したものです。柿の葉湯の方が、足浴後の肌が明るくなっていることがわかります。

(東京ガス 都市生活研究所調べ n=3)

<作り方> 肌トラブルの気になる季節のスキンケアに

1. カキの葉を洗い、良く乾燥させて保存します。
Retina retina 02 make 2 waifu2x photo noise2 scale tta 1
2. 用いる前に葉を破るように切り1つかみ分をガーゼの袋やティーバッグなどに詰めてから、浴槽に入れます。

生の葉の場合は、両手いっぱい、葉20枚くらいを用いましょう。

生の柿の葉が無い場合は、「柿の葉茶」で代用可能。「柿の葉茶」は自然食品店や漢方薬店などで入手できます。

おわりに

柿は実を食べるだけでなく、葉が柿の葉寿司に使われたり、多用植物ですね。柿湯もぜひお試しください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

99997view
2

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

44603view
3

「いつから一人でお風呂に入れる?」子どもが一人でお風呂に入り始める【年齢】と【準備方法】

10398view
4

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

30625view
5

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何?」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

43156view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード