更新日: 2016年08月15日
15236 view

季節のお風呂:12月『柚子湯(ゆず湯)』血行促進する冬至の湯&上品な香りでリラックス

1年中でもっとも昼が短く、夜がいちばん長くなる冬至(とうじ)。12月21日~22日頃です。冬至に柚子湯のお風呂に入ると、『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。季節のお風呂12ヶ月。12月は『柚子湯』についてご紹介します。

Retina 12 main
冬至の日に柚子湯に入ることは、今でも親しまれている薬湯の風習のひとつですね。

柚子湯には、香り高いユズの皮を用います。ユズは、リモネンやα-ピネンなどを成分として含有し、抗菌、消炎、血行促進作用があります。ちょうど冬至の頃に悩まされるような冷え、ひび、あかぎれ、風邪などに効果があるとされています。誰でも親しめる柑橘系の香りの中に身を沈めると、とてもリラックスし、疲れた心と身体がゆっくりとほぐれていきます。

【効能】 血行が良くなり、良く温まる!

Retina
柚子湯の風呂とさら湯それぞれで、10分間入浴した後の皮膚表面温度の変化を測定したものです。柚子湯は1時間近く皮膚表面の温度が高い状態が続きました。さら湯よりも保温効果が高いことがわかります。

柚子は多くの精油成分を含んでいます。精油成分とは、植物に含まれる芳香成分で、おもに皮膚を刺激して保温効果に影響があります

(東京ガス 都市生活研究所調べ n=4)

【作り方】 果実そのまま浮かべて、天然のアロマを楽しもう

Retina pixta 3829468 s
ゆず湯は果実を丸ごと使います。柚子の爽やかな天然の香りを楽しみましょう。

柚子の実2~3個をそのまま浴槽に浮かべるだけで簡単に柚子湯を楽しめます。

※香りが少ないようなら実の数を多くしてください。皮や実を切ったり、果汁を絞り入れると肌がぴりぴりする場合もあるので、注意してください。

おわりに

柚子(ゆず)は蜜柑と同じく、爽やかな香りがあるとともに、冬の乾燥した肌をしっとりさせる効果があります。柚子の皮に含まれるリモネンなどの精油成分が湯に溶け出し、皮膚の角質を膜で覆いお肌の水分を逃さないようです。

冷えにも美容にも効果的な柚子湯で本格的な冬を乗り切りましょう!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

128266view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

405407view
3

お風呂の浴槽や床にサビが!? お風呂場のサビの原因と解決法まとめ

52709view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

420494view
5

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

359006view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード