更新日: 2017年10月30日
5508 view

意外と知られていなかった? 生活の知恵をフル活用した水道代節約術5選

水道代はあまり意識することがないかもしれませんが、普段のちょっとした工夫で着実に節約できますよ。今回は、水道料金の節約方法をご紹介します。

【水道代節約の生活の知恵】湯船にお湯をためる

Retina retina pixta 1473392 s
家庭で一番水道の使用量が多いのがお風呂。

シャワーだけで済ます方もいると思いますが、15分間シャワーを使うと、使用する水の量は一般的な浴槽の一杯分と同量になるそうです。

夏などの気温が高い時期などにシャワーでさっと済ます時以外は、湯船に入り、湯船のお湯もうまく使うほうが水道代の節約になりそうです。

【水道代節約の生活の知恵】風呂の残り湯を再利用する

Retina
残り湯は積極的に再利用しましょう。植木やベランダ菜園の水やりに最適です。

また、もう一つのおすすめの活用法が残り湯を使った洗濯。「洗い」の時に水より温かいお風呂の残り湯を使用することで、洗濯の水道代の節約だけでなく、より汚れが落ちやすくなるというメリットもあります。

ただし、残り湯を洗濯に使用する場合は、「洗い」の時だけにしてください。「すすぎ」の時に風呂の残り湯を使うと洗い終わった洗濯物が臭ってしまう原因になります。

【水道代節約の生活の知恵】食器洗い機は実は節水につながる?

Retina
単に食器洗いが楽になるだけでなく、節水という点でも、食器洗い機は優れています。食器洗い機に入れる前に、予めさっと水で落とせる汚れは落としておき、その上で「さっと洗い」等の時短コースを選ぶことでより水道代の節約につながります。
食器洗い機の機種によっても異なりますが、水の使用量が手洗いに比べて「9分の1」になるものあるそうです。

参考:住まいの設備と建材

【水道代節約の生活の知恵】最大50%も? 節水コマで節水しよう

Retina
節水コマというのを聞いたことはありますでしょうか?
簡単に説明すると、水が出る量を調節してくれる節水グッズです。

節水コマを蛇口部分に設置するだけで、条件によっても異なりますが、最大50%もの水道代の節約になるそうです。(東京都水道局調べ)

さらに、嬉しいのが節水コマは水道局の各営業所で無料で配られています!レバー式の水栓には構造上取り付けできないそうなので、ご自宅の水栓が取り付けできるかは水道局に一度確認してみてください。

詳細は水道局のサイトをご覧ください。
Retina
↑従来のこのタイプの蛇口であれば問題なく取り付けできるそうです。

おわりに

水は毎日つかうものだからこそ、出来そうなものから習慣にすることで、年間の水道代に差がでてきます。ぜひ試してみてくださいね。

節約につながるかも?ご自宅の電気、見直してみませんか?

denki
2016年4月から、電力小売全面自由化が始まっているのをご存知ですか?
電力会社を見直すだけで、簡単に節約になるかも!
東京ガスの電気

まだ電気を切り替えていない方は、ぜひ多くの人に選ばれている「東京ガスの電気」に!

毎月のガスや電気料金のお支払いに応じてたまる「パッチョポイント」や「充実のサービス」もついてきます。適用条件や詳細はこちら

パッチョポイント

東京ガスの「電気」を選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください。

お申し込みも簡単♪Webで24時間受け付けています。

東京ガスの料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

128202view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

405401view
3

お風呂の浴槽や床にサビが!? お風呂場のサビの原因と解決法まとめ

52708view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

420491view
5

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

359002view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード