更新日: 2017年10月18日
12333 view

夜9時の入浴が理想!? 良質な睡眠へ「冷えとり入浴」の方法と注意点

冷え性さんの強い味方といえば、やっぱりお風呂。冷えきった体をすみずみまで温めてくれるお風呂は、良質な睡眠にもつながります。でも冷えとり入浴には注意点があり、方法を間違えると却って体を冷やしてしまうってご存知ですか?ここでは「冷えとり入浴」の方法をご紹介します。

冷えとり入浴の方法

Retina pixta 6599758 s
冷えとり入浴では以下の方法で入浴しましょう。実は、冷え性さんのお風呂の入り方にはちょっとした注意が必要。入り方によっては、かえって血行を悪くしてしまう可能性も。以下に詳しくご紹介していきます。

・入浴時間は午後9時が理想
・シャワーだけではダメ。湯船にお湯をためて入浴する
・湯温は39℃くらいのぬるめに設定
・湯量はみぞおちの辺りが目安
・20~30分間ゆっくり半身浴
・上半身が寒い場合は肩にタオルを乗せるなど防寒を

【冷えとり入浴の方法1】入浴時間は午後9時

Retina retina 2016 03 30 080847
わたしたちの体温は生体リズムによって変動しており、午後3時ころに最も高くなり、その後徐々に低くなっていきます。体温が下がり過ぎてからだと、お風呂の温まり効果が得にくくなるので、冷え性でお悩みの人は体温が下がりきる前の午後9時ころに入るのがおすすめです。

(監修/阿岸祐幸先生、出典/しあわせバスタイムレシピ)

【冷えとり入浴の方法2】シャワーではなく湯船に入浴する

Retina hikau2  1
東京ガス調べ
冷え性さんはとにかく浴槽入浴をしましょう。シャワーだけなんて言語道断。シャワーは身体の汚れを流し落とすものです。上のサーモグラフィを見ても温まりの違いは一目瞭然です。温熱効果を得るためにはしっかりお湯に浸かることがやはり大事です。
 
入浴スタイルは全身浴、半身浴どちらでもかまいません。ご自分がより心地よく感じる方を選びましょう。冷えは自律神経の乱れも関係しているので、リラックスすることが大切です。

身体の深部の温度である耳内の上昇温度を比較しても、シャワー浴に比べ浴槽に浸かった場合(全身浴)の温まりの効果が高いことは明らかです。
Retina hikau2  2

【冷えとり入浴の方法3】熱すぎるお湯はNG

Retina f 1402 rizumu
(図出典/しあわせバスタイムレシピ)
冷え性は自律神経と深い関わりがあり、本来人間が持つ生体リズムが狂うことで自律神経のバランスが崩れ、体温調節がうまくいかないなどの不具合が生じます。本来ならば、夜はリラックスモードの副交感神経が優位になる時間。熱いお湯につかることは、この本来のリズムを乱してしまう可能性があるのです。
 
また、熱いお湯は皮膚表面を温めてはくれますが、これは一時的なもので、その分湯冷めも早いのです……。

【お風呂に入れないときの冷えとり入浴法1】足浴・手浴もおすすめ

Retina
東京ガス都市生活研究所調べ「快適バスライフのすすめ」
お風呂に入れないとき、足浴や手浴がおすすめです。
 
サーモグラフィ画像をご覧ください。足浴前と足浴後では顔までしっかり温まっているのがわかります。部分浴は手軽に温浴効果が得られるので、ぜひとも活用していただきたい方法です。

【お風呂に入れないときの冷えとり入浴法2】ミストサウナも効果大!

Retina misty img experience
最近の新築住宅の浴室に多く設置されている「ミストサウナ」ってご存知ですか?よくある高温で乾燥したドライサウナと違い、ミストサウナは低温で高湿度。霧状にしたお湯が全身を包み込むやさしいサウナです。息苦しさもなく、心も体もリラックスします。

このミストサウナが冷えとりに効果大!
Retina retina retina merit01 img effect 03
入浴後30分経過したとき(25℃の室内で安静状態)の皮膚表面温度 サーモビュア測定。
入浴条件:入浴時間10分、温度約40℃
東京ガス調べ
ミストサウナは温かいミストで全身をしっかり包み込むから、頭からつま先までしっかり温まります。
入浴20分後でも湯冷め知らずで、手足の先までポカポカです。
Retina merit01 img effect 02
ミストサウナなら、湯船に浸からなくても短時間で体が芯から温まります。洗い場で体や髪を洗いながら、同時にミストサウナで体も温められ短時間で入浴効果を実感できるので、湯船にゆっくり浸かる時間がない時や、忙しい方にもおすすめです。
Retina retina ph01
この温まり効果は実感するのが一番。ぜひ、無料体験してみてはいかがでしょうか?

完全個室のプライベート空間で、ミストサウナをご体験いただけます。シャンプー、タオル・バスローブ、基礎化粧品は完備しています。ちょっとスパに出かけるような感覚でお越しください。

おわりに

冬は冷え性の人にはツライ季節……みなさんの手先足先は大丈夫でしょうか。お風呂を上手に活用して冷えとりをしてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

99280view
2

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

30250view
3

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

43842view
4

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

138461view
5

秋を感じる「さつまいも」を使った【ほっくり甘いレシピ】5つ

2956view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード