更新日: 2016年11月25日
39650 view

これでもうカビない「実証!お風呂のカビ予防対策」

気づくと生えているお風呂場のカビ。対策に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は「カビないお風呂」と題して、お風呂のカビ予防についてご紹介します。

あなたの<お風呂の不満>は?

下のグラフをご覧ください。「お風呂のことで不満に思っていることはなんですか?」東京ガス都市研究所が行ったアンケートでは、3割近くの人が「カビが生えやすい」ことを挙げています。
Retina f 1206 graf 01 re

非カビ宣言!三大“残さない”対策

Retina f 1206 image 01
【栄養分を残さない】
カビの栄養分になってしまう垢や石けんカスは、なるべく浴室に残さないこと。シャワーが水からお湯になるまでの間を使って、壁や床をシャワーリングすると、体を洗うときに飛び散る垢や石けんカスが付着しにくくなります。
Retina f 1206 image 02 re
【水分を残さない】
シャンプーなどの風呂小物はそのまま床置きせず、ラックやカゴを使って水はけをよくすること。ちょっと面倒ですが風呂上がりに浴室内の水分をふき取ることもできればやっていただきたいところ。スクイージーを使えばキレイに水切りできます。水分はカビの盟友。がんばって残さない努力を!
Retina merit02 img heating 01
Retina f 1206 image 03
【湿気を残さない】
最後の“残さない”はなんといっても湿気。水分の延長線上にある湿気は、カビの繁殖を大いに助けます。入浴後、換気扇は十分に回すこと。ガス浴室暖房乾燥機をお持ちの方は、目安として入浴後2時間程度は乾燥運転をしてください。湿気とカビの関係は、この写真を見れば一目瞭然ですね。
Retina f 1206 graf 02
「放置(何もしない)」「換気」「乾燥」それぞれのシチュエーションでは、浴室内の湿度にこんなに差があります。(上グラフ参照)カビの繁殖力がここまで大きく異なるのも納得ですね。

非カビ宣言!ちょっとひと工夫

Retina retina pixta 18256172 s
【タイルの目地に撥水加工】
いったんカビが生えてしまうと掃除に手間がかかる「タイルの目地」。ロウソクを塗って撥水加工を施せば、カビが発生しにくくなります。
Retina retina pixta 18314040 s
【エタノールスプレーで殺菌除菌】
スプレーボトルに無水エタノール5mlと、ラベンダーやサイプレスなど殺菌効果のある精油を5~6滴を入れてよく混ぜ合わせ、そこに精製水25mlを加えてよくシェイクします。

入浴後、浴室の温度を下げ、できればスイーザーなどで水分を落とした後、壁や排水口などカビが気になる箇所にシュシュッとスプレー。マメにやっていると、カビの発生をグッとおさえられます。

浴室乾燥は洗濯物のカビ対策にも!

Retina f 1206 graf 03
浴室暖房乾燥機はお風呂のカビ予防にも効果的ですが、お風呂場で洗濯物を浴室乾燥すると、洗濯物の細菌の繁殖もおさえる効果があります。

浴室乾燥はしっかり洗濯物を乾燥させてくれるため、細菌の発生を抑えます。部屋干しのあのイヤなニオイがなくなると思うと、嬉しい効果ですね。

おわりに

最近のお風呂機器には、カビ対策ができる浴槽や床などもあります。リフォームや新築をお考えの方はカビ対策も考慮して商品選びをするといいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「困った! 瓶の蓋が開かない! 」女性でもできる「かたーい瓶の蓋」開け方のコツ3つ

492026view
2

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

139533view
3

もう失敗したくない! サンドイッチを「おいしく作るコツ5つ」&「お弁当用レシピ7選」

113951view
4

常備菜の作り置き、いつまで日持ちする? コツは? 正しい作り方と保存期間「人気の常備菜レシピ♪」

225005view
5

カビ・水垢を撃退! お風呂の場所別の掃除方法を一挙公開!

47684view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード