更新日: 2018年06月07日
13242 view

「においやホコリをシャットアウト」健康&省エネにも! 自分でできるエアコンの掃除のコツ

エアコンにほこりがついていると、においの原因になるだけでなく、空気中にほこりを撒き散らして健康を害することにもつながります。また、電気代も余計にかかってしまうこともあるのだとか。エアコンは、定期的にしっかり掃除しておくことが大切です。エアコン掃除のコツを覚えて、いつでも清潔に使えるようにしましょう。

【エアコン掃除のコツ】事前の下準備も忘れずに

Retina pixta 21308188 s
PIXTA
掃除中にエアコンが稼働することがないように、まずは主電源を切ってコンセントを抜きましょう。さらに、汚水やホコリが落ちてきても良いように、新聞紙や古布をエアコンの下に敷いておきます。

【エアコン掃除のコツ】エアコンフィルターを掃除

Retina pixta 32829441 s  1
PIXTA
ほこりやカビの胞子は、空気中に大量に舞っており、室内の空気を吸い込むエアコンのフィルターにも付着しています。
エアコンのフィルター掃除が行き届いていないと、吹き出し口から風を送り出す際にほこりやカビを撒き散らしてしまうので、こまめに掃除をするようにしましょう。


フィルターを水洗いする時の掃除のコツ

Retina pixta 16848901 m
PIXTA
まずはエアコンカバーを開けて、フィルターを取り外し掃除機を外側からかけましょう。この時、内側からかけると目詰まりの原因になりやすいので注意しましょう。

その後、住居用洗剤を水で薄め、歯ブラシやスポンジなどを使い汚れを落とし、シャワーなどで洗い流しましょう。

フィルターに湿気が残っていると、カビの温床になったり故障の原因となりますので、十分陰干しすることを忘れないようにしましょう。


カビ取りスプレーを利用する時の掃除のコツ

Retina pixta 16572643 s  1
PIXTA
エアコン用の洗浄スプレーも市販されています。作業はとても簡単で取扱説明書にそってスプレーをするだけのものが多いです。

商品によっては、フィルターに直接スプレーするものやフィルターを外してフィン(熱交換器)にスプレーするものなどがあるので、取扱説明書をきちんと確認してから使いましょう。また、スプレーはエアコンの電装部分に付着させないように気を付けてください。

市販の洗浄スプレーは洗い流さないタイプのものが多いので、残ってしまった洗浄液が逆にカビの餌になる可能性もあるそうです。
1年に1回程度はプロのエアコンクリーニングを依頼されると安心かもしれませんね。

【エアコン掃除のコツ】前面パネルや吹き出し口も忘れずに!

Retina pixta 15268961 s
PIXTA
前面パネルが取り外せる場合は、水洗いをおすすめします。
取り外しが面倒な場合は、家庭用の中性洗剤を薄めたもので拭いた後に乾拭きしましょう。

エアコンの吹き出し口も汚れています。吹き出し口のプラスチックを壊さないように優しく布で拭きます。細かい部分は割り箸に布を巻きつけて拭き取るのもオススメです。

掃除が完了したら乾いたフィルターを戻します。その後は、電源を入れて送風運転しながら乾燥させましょう。

エアコンは定期的に掃除が必要! でも内部の掃除は大変・・・?

Retina pixta 20506043 s
PIXTA
エアコンの掃除は定期的に行うことをオススメします。正しい手順でこまめに掃除することで、内部にもほこりがたまらず、冷暖房効果も高まります。

ただし、エアコンはデリケートな機械。内部のカビまで除去したい場合は、プロの専門業者へ依頼するのがオススメです。 

エアコン内部の掃除は、プロによる【エアコンクリーニング】がオススメ

Retina kajitaku0 sp img 05
キレイにしたいけど掃除が苦手・・・忙しくて時間がない・・・。エアコン内部の汚れを取りたい!
そんな方には、プロの「エアコンクリーニング」がオススメです!

お掃除のプロが専門の道具や洗剤を使って、頑固な油汚れやカビ汚れなどを徹底的に綺麗にしてくれます。
ハウスクリーニングには、キッチン・浴室のクリーニングなどいろいろありますが、エアコンクリーニングも人気が高いそうです。
Retina img slider 002
https://www.kajitaku.com/house-cleaning/airconditioner/
カジタク「エアコンクリーニング」より
定期的にエアコンのフィルターの掃除をしているからプロに頼まなくても大丈夫。 そんな方も多いかもしれません。

しかし、悪臭やアレルギーの原因となるカビ汚れは、手が届くフィルター部分よりもっと奥の熱交換器という部分に発生しやすいんです!

この熱交換器は、フィルターをすり抜けてきたホコリが蓄積しやすく、冷房による結露などでカビが繁殖しやすい環境になっています。
また、カビ以外にも油汚れや花粉もたくさん蓄積しやくなっています。
Retina kajitaku0 img 02
東京ガスmyTOKYOGASより
カビの繁殖や汚れの蓄積を防ぐためにも、定期的に専門業者にクリーニングを依頼するのがオススメです!
専門のトレーニングを受けたスタッフが、フィルタやカバーはもちろんフィルタの奥にある熱交換器やファンについたカビ等の汚れも、専用の洗剤と高圧洗浄機を使って徹底的に洗浄してくれますよ!

東京ガスmyTOKYOGASより

定期的にエアコンクリーニングを行うと、カビや汚れが落ちるだけではなく、消費電力を削減できて電気代が安くなるという嬉しいメリットも。
さらに、各パーツの機能が改善して、冷房などの効きがよくなる効果も。
東京ガスエアコンクリーニング
東京ガスグループからのお申し込みで、プロのハウスクリーニング、イオングループの「カジタク」をおトクに利用できます!

掃除の訓練を受けたプロが、汚れの種類や場所に合わせて機材・洗剤を使い分け、ピカピカにしてくれますよ。

ご自宅向けには勿論、奥様やご両親へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。
Webで簡単に見積もり依頼もできます。ぜひ<おトク>に活用してください!

※ 東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件等は:こちらをご確認ください

おわりに

一年を通してエアコンを使う機会は多いですよね。その分、気づかないうちにホコリを溜め込んでいるなんてことも。定期的にお手入れして、いつも清潔に使えるようにしましょう!

また、この機会にぜひ、プロのエアコンクリーニングも試してみてください。

参考:東京ガスmyTOKYOGAS「お掃除・収納アドバイス Vol.11」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

そんな使い方があるの? 万能な掃除アイテム「重曹」の使い方17選

25169view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

296276view
3

ゴシゴシこすらなくていい!? 上履きの正しい洗い方を知って驚きの白さに!

121267view
4

意外と知らない!? 地震の時に安全な【家の中の場所】はどこ?

38804view
5

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

151516view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード