更新日: 2018年04月11日
1548 view

思わぬ危険が!? エアコンを梅雨入り前に掃除しておくべき5つの理由とは?

梅雨の時期が近づいてきました。この時期に大活躍するのが、除湿・冷房機能のあるエアコンですよね。とても便利なエアコンですが、実は思わぬ危険も潜んでいるんです。梅雨前にエアコンを掃除して、清潔な環境を保つようにしましょう。

梅雨入り前の掃除は必須! エアコンを掃除しないデメリットは?

Retina pixta 18107472 m
PIXTA
室内外の空気が通るエアコンは、内部にホコリが溜まりやすいもの。それにも関わらず、機械の複雑な構造により内部まできちんと掃除するのが難しい家電です。
特に梅雨時期は湿度が高く、カビが繁殖しやすいので十分に注意しなければいけません。

では実際に、エアコンを掃除しないと生じるデメリットを見てみましょう。

エアコンを掃除しないデメリット5つ


1. カビの発生
2. 異臭の発生
3. 病気になる可能性あり
4. 電気代がよりかかる
5. (1年掃除をしないと)冷暖房機能が約20%低下に

5つの中でも本当に恐いのは、3番(病気になる)です。

【梅雨前のエアコン掃除】アスペルギルスというカビを防ぐ

Retina pixta 18194159 m
PIXTA
アスペルギルスは、エアコンに潜む毒性の強いカビで、エアコンの内部や吹き出し口から検出されます。

長い期間、アスペルギルスを吸い込み続けると、アレルギー性の肺炎を引き起こしたり、免疫が低下している人や肺に疾患がある人の場合だと、呼吸器不全を引き起こす可能性があるそうです。

【梅雨前のエアコン掃除】ハウスダストというホコリを防ぐ

Retina pixta 21308245 m
PIXTA
みなさんは「ハウスダスト」という、部屋の中でたまるホコリについてご存知でしょうか。

ハウスダストは、ダニやその死骸、チリ、髪の毛など生活する上で必ず発生するものに加えて、花粉や排気ガスの微粒子などで形成されています。

ハウスダストは、アトピー性皮膚炎や喘息の原因の一つである厄介な存在でもあり、掃除しないと積もり続けます。これらが、エアコンによって部屋の隅々まで送られるのは避けたいですよね。

梅雨前にはやっておきたい! エアコンの掃除方法とは?

Retina pixta 16256679 m
PIXTA
湿度が高くなる梅雨時期は、カビの繁殖に絶好の環境です。その前にカビの原因であるホコリや汚れをしっかり取り除いておきましょう。
エアコンの掃除方法は、以下のステップで行います。

1. エアコンの下に新聞紙や古布を敷く
2. フィルターを掃除する
3. 前面パネルや吹き出し口を掃除する

実際に、エアコンの掃除方法をご紹介します。

【梅雨前に行うエアコン掃除1】エアコンの下に新聞紙や古布を敷く

Retina pixta 39169201 s
PIXTA
まずは、汚水やホコリが落ちてきても大丈夫なように、新聞紙や古布をエアコンの下に敷きましょう。
そして、主電源を切りコンセントを抜いておきます。

【梅雨前に行うエアコン掃除2】フィルターを掃除する

Retina pixta 24332157 s
PIXTA
エアコンカバーを開けてフィルターを取り外し、外側から掃除機をかけましょう。この時、内側からかけると目詰まりの原因となるので注意してください。

掃除機をかけたら、水で薄めた中性洗剤と歯ブラシやスポンジなどを使い汚れを落とします。フィルターに湿気が残っていると、カビの繁殖や故障の原因となるので、日陰で十分陰干ししてください。

【梅雨前に行うエアコン掃除3】前面パネルや吹き出し口を掃除する

Retina pixta 31137015 s
PIXTA
前面パネルが取り外せる場合は、水洗いをします。取り外しが面倒な場合は、水で薄めた中性洗剤を含む古布で拭いた後に乾拭きしても大丈夫です。

エアコンの吹き出し口は、プラスチックを壊さないように優しく布で拭きます。細かい部分は割り箸に布を巻きつけて拭き取るのもオススメです。

掃除が完了したらフィルターを戻し、電源を入れて送風運転しながら乾燥させましょう。

梅雨前のエアコン掃除は専門業者への依頼がオススメ!?


梅雨前のエアコン掃除は、自分でやるのも良いですが、家の掃除を専門に請け負う「ハウスクリーニング」がオススメですよ!
専門業者がプロ専用の道具や洗剤を使って、素人の掃除では届かないエアコン内部まで徹底的に綺麗にしてくれます。

PIXTA

実は、悪臭やアレルギーの原因となるカビ汚れは、手が届くフィルター部分よりもっと奥の熱交換器という部分に発生しやすいんです!
この熱交換器は、結露による湿気とフィルターをすり抜けてきたホコリが蓄積しやすく、カビが繁殖しやすい環境になっています。
また、カビ以外にも油汚れや花粉もたくさん蓄積していた...ということもあるのだとか。


カビの繁殖に絶好の環境となる梅雨前にクリーニングを依頼して、エアコン内部までピカピカにしてもらいましょう。
専門のトレーニングを受けたスタッフが、フィルタやカバーはもちろんフィルタの奥にある熱交換器やファンについたカビ等の汚れも、専用の洗剤と高圧洗浄機を使って徹底的に洗浄してくれますよ!


さらに、エアコンクリーニングを行うとカビや汚れが落ちるだけではなく、消費電力を削減できて電気代が安くなるという嬉しいメリットも。各機能の働きが良くなるので、結果的にエアコンの効きが良くなるそうです!

毎月のエネルギーの使用量や料金を確認できる登録無料の会員サービス「myTOKYOGAS」には、プロの専門業者による「ハウスクリーニング」をお得な料金で利用できるサービスがあるんです! ぜひ、この機会にチェックしてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたが? 生活に欠かせないエアコンですが、掃除をしないと生活に支障が出てくるかもしれません。これから毎日のように使うエアコン、梅雨に入る前に一度掃除をしてみてはいかがでしょうか。

参考:一般社団法人 日本呼吸器学会「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」
参考:株式会社カナエル「エアコンクリーニング」
参考:カジタク「ハウスダスト対策には正しい掃除!ハウスダストの正体とは? 」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

タケノコのあく抜きを簡単に! 上手な「タケノコのあく抜き方法」

106080view
2

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

403696view
3

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

325188view
4

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

319850view
5

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

190032view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード