更新日: 2017年08月03日
39163 view

冷房費節約のウソ? ホント? すぐにできるエアコン節電裏ワザ5選

今年の夏は猛暑と予測されていますね。熱中症にならないためにも冷房は上手に使いたいですね。冷房費節約の「裏ワザ」とよく聞くけど本当なの? 実際には間違っている節約方法もあるようなので、確認しておきましょう。

【冷房節約の使える裏ワザ1】エアコンの使い方編

Retina pixta 11317458 s
エアコンはこまめに切るより、つけっぱなしの方がお得だと聞いたことはありませんか?

エアコンは室温を設定温度まで冷やすのに最も電力を消費します。一旦室温が冷えた後に同じ温度をキープするのには半分からそれ以下の電力消費量だと言われています。たとえば最初の冷やすのに20円くらいの機種なら5~10円。少し外出するくらいならつけっぱなしの方がお得ですね。

またエアコンのフィルターは掃除しておくと冷房効率も上がります。掃除するだけで年間735円もの節約になるそうです※。カビ対策も兼ねて使う前に掃除しておくのがおすすめです。


出展:東京ガス「ウルトラ省エネブック」

【冷房節約の使える裏ワザ2】エアコンの設定編

Retina pixta 12836288 s
●設定温度は28度…
 27度から28度にあげると年間で695円も節約になります。※

●自動運転を選択…
 弱運転を選択すると部屋を冷やすのに余計に時間がかかり、結果として光熱費が割高になることも。

●風向きは上向きを選択…
 冷たい空気は下に向かうので、風向きを上向きにすると効率的に部屋を冷やしてくれます。


※出展:東京ガス「ウルトラ省エネブック」

【冷房節約の使える裏ワザ3】部屋の工夫編

Retina pixta 16458629 s

エアコンと扇風機のダブル使い

エアコンをつける前に窓を開けてエアコンの送風機能を回し、外向きに扇風機を回して暑い空気を追い出しましょう。エアコンを冷房で運転してからも扇風機を一緒に使うと冷たい空気を循環させてくれます。

カーテンを閉める

暑い時間はカーテンを閉めておく方が涼しくなります。できれば遮熱カーテンにかえるのがおすすめです。

【冷房節約の使える裏ワザ4】室外機編

81hp3stikzl. sl1000 出典:http://amazon.co.jp

室外機に日よけをする

室外機には熱交換器があり、この周辺の温度が高すぎたり低すぎたりすると、効率的に熱交換をすることができません。日よけカバーやすだれをかけて直射日光をさえぎるのがおすすめです。ただし通気口はふさがないように注意しましょう。

室外機周辺の通気をよくする

室外機を壁から少し離して設置し、通気をよくするのもおすすめです。

【冷房節約の使える裏ワザ5】電力会社を見直す

denki
2016年4月から、電力自由化が始まっているのをご存知ですか?
電力会社を見直すだけで、簡単に節約になるかも!!

zuttomo

東京ガスの「ずっともプラン」で<電気>と<ガス>をセットにすれば毎月の料金がグッとお得に!毎月のお支払いで<ポイント>もたまります。


東京ガスを選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください!
お申し込みは簡単♪ WEBで24時間受け付けています。

東京ガスの電気料金シミュレーション

東京ガスの電気は、現在「プリッとまとめておトクなキャンペーン」開催中!

キャンペーン期間中に電気をのお申し込みをいただくと、抽選で豪華景品が当たりますよ。
ぜひ、チェックしてみてください!

banner

ドライ運転は割高!? 実はNGの冷房費の節約方法

Retina pixta 18475374 s
「暑いときは冷房、暑さがやわらいできたらドライ運転」という節約方法を聞いたことはありませんか?

除湿すると体感温度が涼しくなりますね。でも実はエアコンのドライ運転は冷房より高コストの場合もあるんです。

ドライ運転には二種類※あり、弱冷房運転をするタイプと再熱除湿運転をするタイプがあります。再熱除湿運転の場合には、室内の空気を取り込んで冷やし、室温まで温め直してから排出します。冷房と暖房を交互に使うようなものなので、冷房やドライ運転の弱冷房運転より光熱費が高くなります。

節約のためには、ドライ運転の再熱除湿運転は「室温は下げたくないけど湿度を下げたい場合」にのみ使うのがよさそうですね。

※メーカーにより、ドライ運転の二つのタイプを切り替えられるものや、ドライ運転はどちらかのみの搭載のものがあります。

おわりに

暑くてムシムシする夏。エアコンや扇風機をうまく活用して快適に過ごしたいですね。
電気料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

お風呂の「ピンク汚れ」はカビじゃなかった! ピンク汚れの原因・落とし方・予防法

120252view
2

お酢は腐らないけど劣化する!? お酢の【正しい保存方法】と【酸化したお酢の活用法】

4960view
3

知らないと損! 重曹よりも最強のお掃除洗剤と話題なのは●●だった

114731view
4

実は見落としているかも? トイレ掃除のポイントは「壁」だった

24430view
5

洗濯物が臭うのはどうして?その正体である雑菌臭を撃退する方法とは?

5240view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード