更新日: 2017年08月22日
13908 view

【年間約8,000円もお得! 】お風呂の残り湯で上手に洗濯するコツ6つ

お風呂に入った後、残り湯がもったいないと思うこともありますよね。でも、再利用が面倒だったり、雑菌が気になってそのまま流している方も多いのではないでしょうか?洗濯機用のお風呂ポンプを使ってその残り湯を洗濯に活用した場合、なんと年間約8,000円もお得になるのです。今回はそんなお風呂の残り湯を洗濯に活用する方法と注意点について紹介します。

残り湯を使った洗濯、どんなメリットがあるの?

5177sa7ak6l 出典:www.amazon.co.jp
お風呂のお湯は浴槽のサイズにもよりますが、200〜300リットルもの水量になります。毎日捨てていると思うともったいないですね。ポンプで汲み上げて洗濯に使えば、水道代を節約できますよ。また、お風呂の残り湯は温かいうちに洗濯に使えば汚れが落ちやすくなるというメリットもあるんです。

実際にお風呂の残り湯で洗濯した場合、1回の洗濯で利用する水の量を90Lとすると、年間約8,444円の削減になるので、利用価値は十分高いですね。

残り湯を洗濯に使う場合の注意点

お風呂の残り湯を洗濯に利用する時、菌や汚れも気になりますね。入浴時や洗濯時に気をつけることで洗濯物への菌や汚れを防ぐことができるんです。

【残り湯洗濯の注意点1】タオルをお湯につけない

Retina pixta 21737356 s  1
湯船でタオルを浸けてしまっている人は浸けないようにしてください。

特にタオルは雑菌が溜まりやすいものなので、それをお湯につけると菌が繁殖してしまうことがあるそうです。

【残り湯洗濯の注意点2】浴槽のフタを閉めておく

Retina pixta 13505265 s  2
ゴミや汚れが落ちないように浴槽のフタは閉めておくようにしましょう。お湯を冷まさないことにもつながります。入浴が終わったらフタをしておくことを心掛けて下さい。

【残り湯洗濯の注意点3】残り湯のゴミや髪の毛は取り除く

Retina pixta 1003887 s  3
お風呂に入ると身体の皮脂や汚れ、ゴミや髪の毛などが浮くことがあります。そのまま洗濯に使ってしまうというのは不衛生なので、入浴が終わった段階で取り除いておくようにすると良いでしょう。

【残り湯洗濯の注意点4】身体を洗ってからお湯に入る

Retina pixta 16727137 s
身体をしっかり洗ってから湯船に入ることで、湯船に汚れ・ゴミが入るのを防ぐことができます。残り湯を使うなら、身体は洗ってから湯船に入るほうが良いでしょう。

【残り湯洗濯の注意点5】残り湯を数日間放置しない

Retina pixta 14376101 s  1
「洗濯物が溜まってから」と、何日間もお風呂の残り湯を放置しておくと雑菌が増えてしまうそうです。
残り湯はできる限り高い温度かつ、綺麗な状態で洗濯に使うのがよいので、気をつけましょう。

【残り湯洗濯の注意点6】残り湯は洗濯のすすぎには使わない

入浴時のお湯の汚れに気をつけることも大切ですが、雑菌や汚れを全くなくすことは難しいです。残り湯を“すすぎ”にも使用するとなると生乾き臭の原因になってしまいます。残り湯は洗いの時だけ使用し、すすぎには水道水を使用するようにしましょう

おわりに

お風呂の残り湯を洗濯に活用して節約しましょう。また残り湯はつけ置き洗いにも活用できますよ。つけ置き洗いについては、以下の記事をご覧ください。
今回ご紹介した節約術の詳細は以下のサイトをご覧ください。
リビングやトイレなどほかの場所で使えるガス代節約術もたくさん掲載しています。
※各数値は、2017年9月現在の数値です。

【番外編】東京ガスなら電気代も節約できる!

denki
2016年4月から、電力自由化が始まっているのをご存知ですか?
電力会社を見直すだけで、簡単に節約になるかも!!

100manken

東京ガスでは、早くも電気のお申込数が100万件(※2017年10月23日時点)を突破しています。

zuttomo
東京ガスの「ずっともプラン」で<電気>と<ガス>をセットにすれば毎月の料金がグッとお得に!毎月のお支払いで<ポイント>もたまります。


東京ガスを選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください!
お申し込みは簡単♪ WEBで24時間受け付けています。

東京ガスの電気料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107072view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24621view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48737view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19838view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37507view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード