更新日: 2016年09月20日
5187 view

【日頃からの実践が大事!】家にあるものだけで作る「防災・缶詰レシピ」

災害が起こった時など、落ち着いて行動できるように準備をしておくことはとても大切です。ストック食材(缶詰)を上手に使って、日頃からも、災害時も鍋やフライパンひとつでできる防災レシピをご紹介します。 【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

<新しい備蓄法>と<防災レシピ>

災害時用に長期保存可能な特別なものを備蓄しておくのではなく、いつも使えるストック食材を多めに購入し、食べた分だけ買い足していく、新しい備蓄法「ローリングストック法」が注目されています。

日頃からそのストック食材での調理を経験しておけば、災害時でも「慣れた味」の食事がとれるので安心です。また、食べた分だけ補充するので、いざという時に消費期限切れの心配もありません。
ストック食材(缶詰)を上手に使って、日頃からも、災害時も鍋やフライパンひとつでできるレシピをご紹介します。

<ツナ缶・トマト缶>を上手に活用!「簡単!フライパンdeパスタ」

Retina foodpic7197780

<アサリ水煮缶>の旨味を活かす!「お好み焼き」

Retina foodpic7197730

<サケの水煮缶>を使った「フライパンホイル焼き〜ちゃんちゃん焼き風〜」

Retina foodpic7197756

<スパム缶>キャベツと味噌を後入れ「スパムと野菜のみそ汁」

Retina foodpic7197883

<災害時も>お鍋一つで簡単に美味しく作れる!「白米の炊き方」

Retina foodpic7197810  1
鍋にお米2合と430mlの水を加えて、30分から1時間漬けます。
10分くらい中火につけて沸騰させ、沸騰したら弱火で15分加熱します。
火を止め、10分ほど蒸らします。

覚えておくと便利です。

<災害時も簡単>お湯を注ぐだけの「春雨わかめスープ」

Retina  u7a3531
カップに、春雨と乾そうわかめを入れ、中華スープの素と塩・醤油を少々入れ、お湯を注いだら完成。コーンや万能ネギ、ごま油もあるとさらにおいしくなります。

おわりに

日頃から、非常時に備えて確認・訓練をしておくことは、いざという時落ち着いた行動を取るためにとても大切なことです。この機会にぜひ、下記の地震の時のガスの対処法も確認しておきましょう。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「加湿器の掃除ってしてる?」あなたの加湿器は大丈夫? 定期的なお掃除で水アカ知らずに!

25212view
2

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

254959view
3

注意! 冬に増加する入浴中の「ヒートショック」の症状とその対策

39400view
4

「飴色玉ねぎ」を短時間で作る! 知って得する【裏ワザ3つ】

95500view
5

部屋の寒さ対策は100均で!「100均でできる寒さ対策」

59248view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード