更新日: 2017年11月22日
9932 view

【注目の備蓄法】食べながら備える&消費期限切れも防ぐ!「ローリングストック法」とは?

「ローリングストック」という言葉をご存知ですか?長期備蓄用の特別な保存食品を災害時用に保存しておくのではなく、新しい備蓄法として注目されています。今回は、注目の備蓄法、「ローリングストック法」についてご紹介します。

ローリングストックとは?

Retina pixta 24049188 s
備蓄というと、災害などの緊急時に備えて、長期保存可能な特別な食材<非常食>などを保存しておくというイメージですよね。

今、いつも使える食材を多めに購入し、食べた分だけ買い足していく、新しい備蓄法「ローリングストック法」が注目されています。

「ローリング」=回転させながら、「ストック」=蓄えておく 備蓄法です。

ローリンストック法のメリット

Retina pixta 6973797 s
非常食用の食材であるカンパンや長期保存向け食品は、食べ慣れていない方が多いのではないでしょうか。実際に災害時に「そればかり食べていると味気なく感じた」という意見も聞かれたそうです。

そこで、災害時用として特別に用意した「非常食」ではなく、非常時にも食べられる食品を多めに備蓄し、定期的にその備蓄した食材を食事に取り入れ、食べた分だけ買い足していくのが「ローリングストック法」です。

その食材での調理を経験しておけば、災害時でも「慣れた味」の食事がとれるので安心です。災害時のストレス軽減にも役立つと言われています。

また、食べた分だけ補充するので、いざという時に消費期限切れの心配がないのもメリットの一つです。

消費しながら買い足していく方法とは?

Topics1 05 出典:http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/02suishin/01kouhou/izumikuban/h28kouyoko/3-28/topics1.html
月に1度、非常食ごはんの日を決めるのもいいでしょう。

その食材での調理を経験しておいたり、家族で食べながら、「この缶詰使いやすい」「このレトルトは味が濃い」「このメーカーの方が好みだ」など味を評価して、食べ慣れておくことも大切です。

そして、食べた分をまた買い足していきます。

何を用意したらいいの?

Retina pixta 23087418 s
水に加え、食材は1年程度は保存できるものを用意しておきましょう。
乾物・乾麺、缶詰、レトルト、インスタント、お菓子など、意外といろいろありますね。

子供は災害時にストレスで食欲が落ちてしまうこともあるようなので、子供の好きなお菓子なども入れておくといいかもしれません。以下に、食材の例をご紹介します。

●米・もち
●めん類(乾めん、スぺゲッティ、インスタントラーメン)
●粉物(小麦粉、ホットケーキミックス)
●レトルト食品(おかゆ、カレー、ミートソース)

●缶詰
(サケ・サバ・あさりの水煮)
(ツナ・コンビーフ)
(大豆・トマト)
(くだもの)

●汁物(インスタント味噌汁・スープ)
●乾物(のり・わかめ・ひじき) 

●菓子類(チョコレート・ドロップ) など

どれくらいの量を備蓄しておけばいいの?

Retina pixta 12215739 s
以前は「備蓄は3日分あれば十分」という考え方が一般的でしたが、大規模な災害の場合には「1週間以上の備蓄が望ましい」との専門家の指摘もあります。

1週間というとかなりの量に思えるかもしれませんね。
最初の3日間は冷蔵庫の中のものでしのいで、残りの3日間をローリングストックで蓄えた食材で乗り切るという考え方もあるようです。

<水の量の目安>

水は1人1日3リットルが必要と言われています。
3リットル×6日×家族人数分の用意があると安心です。

<食材の量の目安>

1食分の食材×3回×3日×家族の人数分が必要ですが、加えてローリングストックしていくために1日分多めに用意しておくとよいそうです。

あると便利な調理器具など

Retina foodpic7197810  1
食材とともにカセットコンロと交換用ボンベを用意しておくと、ガスや電気が止まった時にも簡単な調理ができて便利です。

ふた付きのフライパンを調理に使えば、熱を逃さず調理時間も短縮できます。

新聞紙やラップ、ポリ袋などを用意しておくと、新聞で折ったお皿にラップやポリ袋をかぶせて即席のお皿になります。お皿を水洗いできないときも、こんな工夫があれば乗り切れそうですね。

【日頃からの実践が大事!】家にあるものだけで作る「防災・缶詰レシピ」

Retina foodpic7197780
ストック食材(缶詰)を上手に使って、日頃から災害時も鍋やフライパンひとつでできるレシピをご紹介します。

ぜひ、実践してみてくださいね。

おわりに

無理なく万が一のときに備えられる「ローリングストック法」についてご紹介しました。

日頃から、非常時に備えて確認・訓練をしておくことは、いざという時に落ち着いた行動を取るためにも大切です。この機会にぜひ、下記の地震の時のガスの対処法も確認しておきましょう。

あわせて読みたい

【最初に何をすべき?】「地震」の時の<ガス>の対処法

Retina pixta 20022618 s

対策している人はたったの「4割」!?家庭でできる地震対策

Retina retina pixta 10502939 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【網戸の汚れを楽して落とす!】網戸が汚れる原因と簡単な掃除方法4つ

119877view
2

正しく使えてない人が7割も!?「マスクの付け方」をしっかり確認&やりがちなNG行動とは?

44258view
3

沸騰したお湯はNG!? ペーパードリップ式のコーヒーの【淹れ方】と【注意点】

3893view
4

【デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違い】知っておきたい製法や特徴

36036view
5

【壁紙の素材や汚れによって違う! 】大掃除・引っ越し時に役立つ「壁紙の掃除方法」や洗剤の選び方

15898view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード