更新日: 2018年02月13日
11296 view

対策している人はたったの「4割」!? 家庭でできる地震対策

家にいて地震が来たとき、建物自体は大丈夫でも家具の転倒や落下で大けがをすることがあります。もしものときに家の中で安全に過ごせるよう、簡単にできる対策をご紹介します。

「家具の転倒防止」「窓ガラスの飛散防止」は必須!

Retina pixta 10502939 s
阪神・淡路大震災時の調査で、建物の中でけがをした人の約5割は家具の転倒・落下が原因。約3割はガラスの飛散が原因だったそうです。

地震時、建物内での怪我を防ぐには、家具の転倒防止と、ガラスの飛散防止が大事であることが分かります。

出典:内閣府・防災情報ページ「できることから始めよう!防災対策」

対策を行っている人は「4割」にとどまる

Retina pixta 2899276 s
東京ガス都市生活研究所では、東日本大震災以降、暮らしとエネルギーの実態・意識の変化について調査を実施し、経年変化を追っています。
Retina 2 01
東京ガス都市生活研究所調べ
調査によると、自宅で地震が起きた時に不安に思うことは、「物の落下」や「家具の転倒」が上位に来ており、約6割が不安と答えています。

これらの不安に対して、実際にはどのような備えが行われているだろうか。震災前に備えていたこと、震災後に備えたことを合わせて上位順に並べた結果が次の図です。
Retina 3 01
東京ガス都市生活研究所調べ

「懐中電灯などの準備」がもっと高く、その他電池や水、食料のストックが上位に挙げられています。一方、自宅で地震が起きた時の不安で約6割が挙げていた、「家具やテレビの転倒防止」についての対策をとっている人は、4割前後にとどまっています。

地震に対する不安と対策においてはギャップが見られるようです。

家具転倒防止にはこれ!

Retina pixta 22232539 s
家具転倒防止グッズとして効果が高いと言われているのは「L字金具」です。
部品自体はお手頃ですが、賃貸だったり壁がコンクリートだったりすると使えません…
Retina pixta 9562410 s
Retina pixta 4139835 s
L字金具が使用できない場合のおすすめは、「つっぱり棒」と「転倒防止マット」の合わせ技です。
家具の下に転倒防止マットを敷き、家具と天井の隙間をつっぱり棒で支えます。

窓ガラスの飛散防止対策

Retina pixta 7422064 s
地震による揺れでサッシがゆがみ、窓ガラスが割れることもあります。
ガラスの飛散防止フィルムを窓に貼っておき、レースのカーテンを閉めておきましょう。

また、窓ガラスに家具が倒れこみ、割れた事例も多いそうです。

窓ガラスの近くに薄型液晶テレビやタンスなど転倒しやすい大きな家具はありませんか?
家具の配置を見直してテレビやタンスの転倒防止対策も実施しておくと安心です。

おわりに

大きな地震では家具が凶器になると言います。家の中を見渡してチェックしてみましょう。

東京ガスでも地震防災対策チェックシートを配布していますので、ぜひご活用ください。
Retina checksheet 01

あわせて読みたい

【最初に何をすべき?】「地震」の時の<ガス>の対処法

Retina pixta 20022618 s

【注目の備蓄法】食べながら備える&消費期限切れも防ぐ!「ローリングストック法」とは?

Retina retina pixta 24049188 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

タケノコのあく抜きを簡単に! 上手な「タケノコのあく抜き方法」

139567view
2

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

412683view
3

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

329900view
4

買ったネギを倍に増やそう! 再生野菜「ネギ」の育て方【キッチン菜園(2)】

16409view
5

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

192183view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード