更新日: 2017年07月10日
10510 view

【キッチンジャーナリスト取材】炊飯器不要!?「お鍋炊きご飯」がキッチンレイアウトも変える!

「お鍋で炊くご飯はおいしい」と聞きますね。でも「難しそう」「本当に味に違いがあるの?」と言った心配も。そこで、キッチンジャーナリストの本間美紀さんに、お鍋炊きご飯のメリット、簡単においしく炊くコツについて取材していただきました。

炊飯器を置かず、お鍋炊きご飯にする家庭が増えている!?

Retina retina tokyogas a 0624 f v3
最近、キッチンの取材をしていて、あることに気づいた。炊飯器がない家が多いのである。特に30代の若い世代だ。

「炊飯器はどこに置いているんですか?」もしかしてご飯を食べない人が増えているのかしら、などと思いつつ、聞くと、意外な答えが返ってきた。

「わたし、お鍋でご飯を炊くんですよ。だから炊飯器はいらないんです」。
Retina retina pixta 11162368 s
日本のキッチンは置き型の家電が多く、オーブントースター、電子レンジ、フードプロセッサー、コーヒーメーカーなど、家電置き場はキッチンプランの大切なところ。
Retina retina pixta 3109282 s
中でも炊飯器は蒸気が出る、ふたを上に開ける、配膳する食卓に近くなければいけないなど、プランナー泣かせの家電。

けれども鍋とガスコンロがあれば炊飯器はいらない、という人が増えているのだ。

鍋炊きご飯が流行しているのは知っていたけれど、キッチンプランに関わり始めていたとは。まさにキッチン上手な人たちの解決法だ。
Retina retina 01 donabe
「それにお鍋で炊くご飯は早くて、美味しいんですよ。最近はご飯炊き向けの、かわいいお鍋がたくさんあるんです。」

3合のご飯が火をつけてから20分程度で炊きあがる(蒸らし時間は除く)。
Retina pixta 1948373 s
お鍋ごと、食卓にだすと配膳も楽な上、テーブルのコーディネートとしてもさまになる。ふたを開けると熱々の炊きたてご飯。たいしたおかずがなかったとしても、それだけでごちそうだ。
Retina kamadosan img 01
三重県の陶器メーカー、長谷製陶ではご飯炊き専用の土鍋「かまどさん」を出したところ、これが大ヒット。
Retina kamadosan img 02
お鍋のご飯炊きは、吹きこぼれがやはり泣き所なのだけれど、これは内フタがついて、吹きこぼれにくいという点が好評のようだ。

お鍋でおいしくご飯を炊くコツとは?

Retina 51twx16f5zl
参考資料:絶品土鍋ご飯の炊き方(東京ガス都市生活研究所 小西雅子著)

お鍋でご飯を炊くコツを調べてみた。

まず「水の量は、軽く水切りをした米に同容積の水を加える」とある。ただしこの先の注釈が面白い。「まずはこの方法で炊飯をして、2回目以降はお好みに応じた水加減がベスト」という。まさに的を得た言葉だ。

ご飯はお米の水分量やその日食べたい好みで炊きあがり(柔らかめ、かため)が変わるのが、日本人だろう。それにお鍋の特長を知りながら、火加減をし、「自分のものにしていく」のが、お鍋炊きご飯の本当の面白さじゃないだろうか。分量通り、時間通りでいいなら、炊飯器で用が足りるからだ。
Retina img point1
そしてポイントは炊き始めから沸騰するまでの間だという。「この間に10分前後の時間をかけると甘みがしっかり引き出せ、ふっくらと質感のよいご飯にしあがります」。この最初の10分を「おいしい上昇ライン」というそう。

お鍋炊きご飯派に共通する人のキッチン

お鍋炊きご飯派に共通する人のキッチンは、次の通りである。

1. 加熱はガスコンロを選んでいる。‘はじめちょろちょろ中ぱっぱ‘がしやすいし、ぱりぱりとおこげの音と香りも楽しい。

2. 炊飯器を置くスペースがいらず、キッチンをすっきり使っている。

多機能コンロの中にはグリル部でトーストが焼けるものもあり、その場合はオーブントースターも持っていない。ごちゃごちゃ家電を持たない暮らしを好む。

3. お気に入りのお鍋を持っている。「ル・クルーゼ」や「かまどさん」など、土鍋、鋳物鍋、アルミやステンレスの文化鍋、圧力鍋。種類はさまざまである。使っておいしく、食卓に置いて楽しいものが人気があるようだ。中には飾るようにしまえる棚をつくる人もいる。
Retina gohan
鋳物鍋に土鍋、お気に入りのお鍋をそろえる人が増えている。
そんなわけで私も夕べ、土鍋でご飯を炊いてみた。知り合いから、新米が届いたのである。水分の多い新米。炊飯器で炊いても、いつもべたべたご飯にしてしまう私だが、火加減を楽しみながら調節し、なんとか炊き上げた。
まさに一粒一粒がピカピカと光って、ほどよいかたさのご飯。ぎゅっと噛みしめると甘い味が広がった。

ライター紹介

Retina 01 homma
本間美紀

キッチンジャーナリスト
早稲田大学卒業後、インテリアの専門誌の編集部を経てインテリアやキッチン、暮らしに関する執筆、編集で活動中。日本国内や海外のキッチンライフを取材し、「パーフェクトキッチン」「インターナショナルキッチンAtoZ」ほか、ライフスタイル系キッチンムックを刊行。2010年秋には「ザ・リアルキッチンガイド」を出版。

ブログ:キッチンジャーナル「キッチンのこころ」

あわせて読みたい

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

Retina retina pixta 6269624 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「加湿器の掃除ってしてる?」あなたの加湿器は大丈夫? 定期的なお掃除で水アカ知らずに!

25211view
2

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

254955view
3

注意! 冬に増加する入浴中の「ヒートショック」の症状とその対策

39396view
4

「飴色玉ねぎ」を短時間で作る! 知って得する【裏ワザ3つ】

95496view
5

部屋の寒さ対策は100均で!「100均でできる寒さ対策」

59247view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード