更新日: 2017年02月15日
1407 view

省エネするなら知っておきたい!LED電球に交換する時のポイント4つ

LED電球が省エネになり、電気代の節約ができるという事で、通常の電球からLED電球に買い替えるという方も多いですよね。ですが、通常の電球から買い替えるにあたって注意した方が良い点がいくつかあります。今回は買い替えにあたってのポイントをご紹介します。

LED電球って節約になるの?

Retina pixta 7734448 s
LED電球は従来の白熱電球より消費電力が少なく、とても長持ちするので、ご家庭の電球をLED電球に変更するとで電気代の節約になる場合があります。

ただし、自宅の電球をLED電球に変更する場合はこれから紹介するポイントをしっかりおさえた上で、購入することをおすすめします。

<LED電球で省エネ?買い替えポイント>価格

Retina pixta 19502325 s
まず第一のポイントは「価格」です。

LED電球は、電気代が節約でき、白熱電球に比べて長寿命ですが、電球自体の価格が高いのが特徴です。
一般的な白熱電球の価格は、100円〜200円程度ですが、LED電球の場合は、数百円から高いものだと数千円程度します。

<LED電球で省エネ?買い替えポイント>口金(サイズ)

Retina pixta 22443106 s
従来の白熱球や電球型蛍光灯でも同じ事ですが、LED電球を購入する際には口金の規格に注意しましょう。LED電球には、主に「E17」と「E26」というサイズがあります。

<LED電球で省エネ?買い替えポイント>重さ

Retina pixta 4975434 s
LED電球は、本体の重量が重いので設置する際には注意が必要です。従来の電球よりも重いのは、LED電球には電源回路が入っている為です。

重いので落下した際に危ないという理由もありますし、1個あたりがとても高価な商品なので、取り付ける場所によっては落下防止のパーツを取り付けた方が良いかもしれません。

<LED電球で省エネ?買い替えポイント>光の広がり方の違い

Retina pixta 6471790 s
白熱電球は光が広範囲に広がるつくりになっていますが、一般的なLED電球は根本側に光が広がらないため、交換後に部屋が暗くなったように感じる事があります。

LED電球の光の広がり方については、各製品のカタログやホームページなどで確認できますので、購入前にチェックすることをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?
LED電球は、価格が高いので、切り替える際には、家の電球を全て変えようと思うと初期費用として数万円かかる可能性もあります。でも、寿命が長く、月々の電気代も安くなるので、長期的に見ると節約になるでしょう。

電気代を節約したいと思っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか?
東京ガスの電気料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

96041view
2

【油こし、水切り、◯◯に!?】コーヒーフィルターの活用法4選

20100view
3

【捨てられない&溜ってしまう】「紙袋」の活用術<整理整頓・インテリアなどに>

20937view
4

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

2336view
5

「箱に入れたまま保存はNG? 」ケーキの保存で気をつけたいこと4つ

3876view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード